cond2009.jpg
左/勝山康晴 右/藤田善宏

この人たちが来なければ、福岡の夏は始まらないと言っても過言ではないコンドルズ。いよいよ、8月15日・16日、福岡を皮切りに全国ツアーにスタート!2009年のコンドルズ夏・本公演ツアーの作品が産声を上げるのが、この福岡・イムズホール。
そんな夏の男たちに、この夏一番熱い想いを語っていただきました!延々と喋り倒した一時間をほぼノーカットでお届けします。本誌だけではご紹介できない、濃い〜インタビューを読破してください!


■今回のツアーの見所をお願いします。

勝山
今回の見所は「スタンス」。この日本を、世界を巻き込む大不況の世の中に対して、コンドルズはどういうスタンスを取っているかというのを見せつける、スタンスですね。

■コンドルズとして、どういうスタンスの取り方をするんですか?

勝山
こういう状況だからこそ、バカみたいな勢いで、ガツガツやることです。決して嵐が過ぎるのを待つために洞窟に籠らない。あえて嵐の中へ突っ走り始めるという。そういうバカなことがしてみたいんですよね。バカなことをやるには打ってつけのご時世なんですよ、ホントは。意外とみんなはそれに気づいてない。今の世の中って、嵐が過ぎ去るのを待つパターンじゃないですか。何もかも縮小、縮小で。だからこそ、こういう時に攻めなきゃダメですよ。とか言っといて、秋くらいになると会社が赤字になって立ち行かなくなっている可能性もあるんですけど(笑)いや、でもいそれくらいバカなことをしないとね、コンドルズだらかこそ、まともにやっちゃダメなんですよ。めちゃくちゃじゃないと。

■不況だからこその、新しいスタンス、があると。

勝山
不況だからホントは9カ所もツアーで行かなくていいんですよ。でもね、みんなもこんな不況で傷ついてるし、大変だし、自腹切って色々やらなくちゃならない世の中になってるでしょ。我々もちょっとくらい無理をしてでも全国をまわって、皆さんと共に傷をなめ合いながら前に進もうとね。動物だって傷をなめ合うと強くなるじゃないですか。猫とかだってなめ合ってるんでしょ、傷とか。でもちゃんと前向きに生きてるじゃないですか。

■それで、今回のチラシには猫がでてきたんですか?

勝山
ううん、全然違う。(キッパリ) 「Nine Lives」というのは、インドの諺で「猫は9回生まれ変わる」というのがありまして、それを転じて、9回生まれ変わるくらい、この大不況をしぶとく生きようじゃないか、という意味が込められてるんです。しぶといヤツがいいですよ、やっぱり。
藤田
へこたれないヤツね。
勝山
本当に強いヤツは、打たれても倒れないヤツじゃなくて、何度倒れても何度でも立ちあがるヤツが一番強いんですよ。そういう人に、私はなりたいってね(笑)あとは、藤田くんがどうしても今年は猫じゃないとやる気がでにゃ〜い(笑)って言うからしかたなく(笑)
藤田
言ったっけ?そんなこと。
勝山
言ってないけど(笑)でもチラシでも、猫を使うことによってモチベーションが圧倒的に上がるメンバーが約一名いるだけでね(笑)作品がよくなりますから。

■では、猫は全然作品には関係ないんですか?

勝山
ある。だってこれだけ猫のことを言ってて、全く猫ネタがなかったら申し訳ないですよ。誇大広告になっちゃいます(笑)きっとおニャン子クラブとかやりますよ。なめ猫とかやりたいよね(笑)

■この大不況の中、今年のコンドルズはここが違うっていうところがありますか?

藤田
あるでしょう、たぶん(笑)僕たち今年になってからNODAMAPとかjealkbとかと一緒に公演をやらせていただいたんですよ。そこで何かしら自信をつけてるんです。舞台への接し方にしても、立ち方にしても、踊りだとしても、色んな意味で。そういう経験を経ているからこそ、何かもう一歩前に出て、自信を持って舞台に立てるんじゃないかって感じはしてますね。

■それは色んな人たちと、様々なスタイルでやったことから何かを得た、ということですか?

藤田
jealkbさんたちとの舞台では、彼らも決して器用に踊れる人たちじゃないんだけど、それでもみんなで舞台に立っているとね。自分たちの踊りやステージングに自信が持てて来たんですよ。これまで培って来た僕たちのスタンスや技術を教える側にまわったというのは意識的に大きく変えられた部分でしたね。
勝山
コンドルズには踊り下手組っているんだけど、俺とかオクダさんとか橋爪とか顕ちゃんとかね。コンドルズの中では踊りがさほど上手くない俺たちでさえ、踊りが上手かったんだって気づかされたんだよね、その公演で。我々も知らぬ間に色んなことが出来ているということにね、気づいちゃったんですよ。それは自分たちが踊ることに対しての自信になっちゃったんですね。

■今まではあんまり自信はなかったんですか?

勝山
自信があったかどうかはわかんないんだけど、僕なんかはやけくそでやってたから。ただ自分が、上手いってことに気づいたのは珍しいことなんですよ。上手いっていうか、ちゃんと踊れてるっていうことに気づいた。身体が動いてるじゃん、俺って(笑)みたいな。

■それに気づいたことで変わったと?

勝山
単純に、自信に繋がりますよね。僕は人生の中で最も自信のないことが踊りですから。人前で踊って生きていくなんて、コンドルズに入るまでは夢にも思いませんでしたから(笑)そういう気持ちが自分の根底にあったわけですよ、ずっと。でもこうやってみなさんとやってみたら、あれ?俺って、初めて踊る人に比べると、上手くなっちゃってるんだって(笑)
でもね、ただ、ひとつポイントがあって、我々がいう踊りが上手いって言うのは、単にコンドルズの踊りだけしかできない上手さなんですよ(笑)脚がすごく上がるとかないから(笑)藤田くんとか、ちゃんと踊っている奴らは別だけど。技術もちゃんと持ってるしね。俺には、基本的にそれがないから(笑)上手いダンスカンパニーのダンサーと比べたら、俺らは全敗だからね。誰一人勝てないよ(笑)良平さんくらいじゃない?勝てそうなの。それもギリギリだと思うけど。だから我々が上手くなったっていうのは、決して技術じゃないんです。コンドルズをやることが上手くなったというだけなんです。

藤田
舞台に慣れたんじゃなくて、コンドルズに慣れたって感じですね。

■コンドルズをやることって、どういうことですか?

勝山
技術に頼らない(笑)技術っていうのは、人の癖を矯正するものじゃないですか。癖を矯正して技術を体得してこそ個性が生まれるんだけど、我々は癖だけで勝つ(笑)そういう奴らがいたっていいじゃないですか。技術はいらない、個性もいらない、でも癖はスゴいぞっていう(笑)そういう方が、僕は面白いんですよ。

■それがコンドルズをやる、ということなんですね?

勝山
僕個人は、ですよ。僕は別に踊りがやりたい訳じゃなくて、コンドルズがやりたいだけなんです。コンドルズじゃなきゃ別に踊る気もないし、全くないですね。

■藤田さんはどうですか?踊りは上手いし。その藤田さんにとってコンドルズをやるってどんなことですか?

藤田
さっきの上手いダンサーの話があったけど、だからといって踊りの上手い集団の中で踊りたいかっていったら、やっぱりただ上手いだけの集団の中ではやりたくないな〜。まあ、そこまでの技術は無いっていうのもあるんだけど(笑)変な言い方かもしれないけど、特に男女が混在している舞台はあんまり立ちたくないな〜って思いますね。面倒くさいから絶対に。女性がいて男性がいてっていうと、何か色々とバランスを取ろうとするじゃないですか。コンドルズはバランスを取らないから、僕にとってはやりやすい。
舞台構成上のバランス感覚は必要だけど、どう言ったらいいかな・・・例えば、マスゲームのようなキッチリとやることが決まっていてそれを乱してはいけないような舞台じゃなく、そこかしこで地雷が爆発してる、みたいな。生の舞台だからこそのおもしろさがある感じの舞台がいい。その瞬間瞬間に、爆発できてたらいいなと思いますね。実はコンドルズって舞台の構成会議みたいなことを、結構綿密にやるんですよ。そういう意味では、バランスは取れてるかも。緻密にやるところと好き勝手にやるところとね。

■でも、それを観ている側に感じさせないからスゴいですよね。バカなことも緻密なこともきちんと構成を考えて作り込まれているなんて、見る側には感じられない。すごく好き勝手にやっている感じ、を演出してる訳ですよね。その場のノリでやっている感じ、それがコンドルズの魅力というか…。

勝山
でもそれは、技術が無いことによって成せる技だと思うんですよ。いや、コンドルズをやる技術はありますよ、でも一般的なテクニックというか基礎と言われる部分が無いのがいいんですよ。あと、間とかアドリブに対する直感的なレスポンスはすごく学んでいるので、すごく高い域にいるんですけど、いわゆるダンスをやる上での技術は、我々にはない!(断言)でもそこがいい!
僕はパンクバンドが好きなんですけど、パンクバンドってのは実はヘタクソじゃないですか。それにパンクバンドを見てなかったヤツってのは大概バンドは始めませんからね。パンクバンドを見て、これなら俺も出来るんじゃないかってバンドを始めるんですから。そういう団体でコンドルズはありたいんですよ。というか有るべきなんですよ。
藤田
僕たちは身体とか技術に頼らなくって、ハートと頭に頼ってるんで、そっち側でガンと行きたいんですよね。熱い感じってやっぱハートだなって思うんで。
勝山
技術に身体を乗っけるんじゃなくて、テンションに身体を乗っけてればいいんです、我々は。気合いです!気合いさえあればいいです、コンドルズは。

■では、「Nine Lives」にちなんで、お二人に9つの質問!

★質問1/最近気になる事は?

勝山
いくつかあるんだけど、裁判員制度と北朝鮮のミサイルかな(笑)
こんな話するのもなんだけど、裁判員制度とか危ないって思いませんか?直感的に。日本人に向いてね〜っつ〜のって。僕自身も含め、絶対日本人には無理だって。宗教の無い人たちがやったらいけない制度なんだから。基準が無いんだから。それが一番アブないな〜って思いますね。あと、北朝鮮がミサイル撃ってくるのも嫌なんだけど、撃って来たら迎撃するって官房長官が言った時にはちょっとビクッとしましたね。撃つんだ?みたいな。必ず撃ち落とすみたいなこと言ってましたからね。ああゆうのを聞いちゃうと何かこう、戦後の持たず持たされずみたいなさ、自衛隊というのは終わりでいよいよ軍隊か、みたいなのが、世の中でスルーされてサクッと進行してる感じ、とかっていうのは非常に気になってますけどね。だからと言って、僕は詳しく何かを知ってる訳じゃないんですよ。何となく反射的に嫌だなって思ってるんですよ。
反対にいいな、と思うことで気になることもあって、千葉の市長が31歳でなったじゃないですか。横須賀でも33歳の人が市長に選ばれて、ああいうのはうれしいよね。同じ世代の奴らが出てくるっていうのは、やっぱりオバマ効果ですかね。いいぞ!いいぞ!どんどん変わっちまえ!みたいな。

藤田
僕はね、プロレスの未来ですね。先日、ノアの三沢さんが亡くなられたのは、もの凄いショックでしたからね。亡くなり方もリング上でって、壮絶でしたから。あまりにも、と思っちゃいましたね。三沢さんはこれからプロレス界でやっていかないといけないことがいっぱいあるはずの人なのに、ましてやリング上だし。それで心配になりますね。またタイミング的に三沢さんが亡くなったことが、マイケルが亡くなったことに打ち消されるのも嫌なんですよね。でもそういう影響力のある人たちが亡くなったりしている今、時代がガラッと変わろうとしているのかな、とも感じますね。時代の変わり目なんじゃないかなって思います。

★質問2/これまで数々のステージで、一番印象に残っている事は?

勝山
舞台をやっていて一番印象深かったのは、ガンダムの冨野監督とガイナックスの山賀社長に舞台を観てもらえたことだね。この2つはかなりデカイですね。冨野監督には、彼の作った作品に多大なる影響を受けて育って来たので。山賀さんもそう、ガイナックスが作って来た作品にも影響を受けているし。こういう人たちに、あなたたちの作品を観て育った若者が、今、自分が信じるものを見せてますっていう経験が出来たことは、ものすごく幸せなことですよね。勝手に恩返しをした気分になってますから。またお二人とも喜んでいただけたので。彼らの作品に影響を受けた若者が作ったもの=彼らが残してくれたものだっていう。そういう憧れの人に観てもらえたのは、続けて来てよかったってホントに思いますね。説明できない幸せですよ。

藤田
僕はコスタリカの公演かな。でっかいオペラハウスみたいなところに何千人ってお客さんがいるんですよ。その何千人の人に、「コンドルズ!コンドルズ!」って公演が終った後に声援をもらったんです。日本人だけじゃなくて、ほとんど現地のお客さんなんですよ。海外の人がそれだけ喜んでくれたっていうのは、ホントに背筋がゾゾッとくる感じはありましたね。一応、少しは現地の言葉を使ったりもするんですけど、言葉じゃないところで作品の面白さが伝わったというのはすごくうれしかったですね。

★質問3/コンドルズになっていなかったら、どんな職業についていたと思いますか?

勝山
そんなの決まってるよ。アニメの監督(笑)それかバンド。未だに下北でしがないバンドをやってたんじゃないかな。あるいは東京ドームを埋めてたかどっちかだな。その間はない(笑)

藤田
僕はね〜たぶんリサイクルショップの店員ですね。だって群馬の山奥にいて、さあ何しようかな〜って一人でウダウダしているところを石渕さんが何やってんの?って声かけてくれたんですよ。何もやってないって言ったらじゃあ一緒に東京で面白いことやろうよ!っていう一言が、東京で今こうしてやってる始まりだから。向こうでそろそろ働かなきゃな〜と思ってたとしたら、リサイクルショップの店員じゃないかなぁ。まあ教員免許も持ってるんだけど、教員にはたぶんならなかっただろうな〜と思うので。

■先生にはならないんですか?

藤田
う〜ん、なんか無理。なんとなく。だってね、人の子どもを怒ったりするのとか怖いよね。指導するって・・・自分を棚に上げすぎだよみんな、ホントに。それで聖なる職とかいわれてるんでしょ?大変ですよ。やっぱり無理だな(笑)

★質問4/夏と言えば?

藤田
夏と言えば福岡でしょ。

■おお〜〜。

藤田
実際僕たちね、花火大会とか海とかねそういうキャイ〜んとしたイメージは全くないですよ、夏は。結局練習ばっかで、終って飲みに行きながらミーティングして、また起きて練習してっていうのが日常なんで。それも終って、やっと福岡に来て、これからツアーが始まるぞ!っていうのが僕の夏かな。

勝山
夏と言えば北海道ですね。

■(笑)なぜ?

勝山
それは夏といえば北海道に行きたくなるからです(笑)福岡も好きなんですけど、19歳の時に北海道を自転車で一人旅してるんですけど、その時の印象が強過ぎるんですよね。ずっと静岡とか東京とかでしか夏を過ごしたことがなかったんだけど、大学時代に一ヶ月くらい北海道を自転車でまわったんですけど、初めての一人旅だったのと、夏にこんなに涼しい所が日本にあったんだという感動。夏が嫌いな俺としては。身体もみるみる締まっていくし、いいことずくめ。もうね、楽しくて楽しくて。だから夏と言うと北海道で遥かなる地平線に向かって、あの青空を追いかけてた自分を思い出しますね。もう1回行きたいもんな〜。だから夏と言えば北海道ですね。新婚旅行は夏の北海道がいいな。

★質問5/博多の好きなところをひとつ

勝山
美人が多い。(断言)

藤田
おお!即答!
全部好きなんだけど、メシが旨いっていうのは当たり前でしょ?あと街の中に川が流れてる感じが好きですね。非常に、パリを思い出しますね〜〜〜。

勝山
お、いいじゃん。博多は日本のパリだよ。
でも、ホントに博多の街を見てたら女の子かわいいもん。俺と付き合わないかな〜って思う(笑)相当かわいいよ、福岡の女の子、みんな。レベルが高い。高過ぎる。日本で一番美人がいる、いや地球で一番美人がいる街だよね(笑)

★質問6/好きなタイプの女性は?

勝山
僕の場合は、九州の血が流れてて長女で年下。これはね、もうしょうがないの。タイプじゃなくてデータで出ちゃってるから(笑)統計を取ってみて、共通項と非共通項を並べてみたら、ほどんど大学に入って以降好きになった子は全員九州の血を引いてることが判明して、あと必ず長女か次女。次女は末っ子じゃなくて三人姉妹の真ん中とか。そういう風に統計が出ちゃってる。しかも年下。絶対に。目が大きいとか髪が黒いとかありますけど、じゃなくてもうちょっと具体的なわかりやすいデータじゃないですか。これは抗えないなと思いましたもん、僕(笑)

■じゃあ、どんなにかわいくてもそのデータに沿ってなかったら絶対ダメですか?(笑)

勝山
たぶん、そういうことだと思うんですよ。大学に入ってから付き合った子を始め、好きになった子とか全部のデータを取っても、それなんですから。ってことは、今のとこ、しょうがないな〜っていう(笑)でもみんな絶対あるんですよ、そういう傾向が。共通項が。ちゃんと調べた方がいいですよみんな。じゃないと次の対策打って出れませんよ(笑)

藤田
自分の中の傾向と対策を作っておかないとね(笑)
僕は、よく飲む子が好きですね。ビジュアルはあんまり関係ないです。よく飲んでよく笑ってくれればいいかなって感じですね。

勝山
なんか、藤田くん、いいヤツみたいじゃん(笑)そうすると俺なんかドラスティックなヤツみたいじゃん(笑)

藤田
だってホントなんだもん。やっぱり飲まない子はつまんないですもんね。僕が酔っぱらってるのに、ニコニコって笑ってお酌だけしてくれても同じテンションで喋れない感じがあるでしょ(笑)あと、よく食べる子。よく飲みよく食べよく笑う子がいいですね。

★質問7/マイブームは?

勝山
マイブームはね、読書です。ぶっちぎりに今読書にハマってますね。小説も読むし漫画も読むし、アニメもまあ観てるんですけど、一時期はアニメのDVDばっかり仕事が終って家に帰ってからも観てたんですけど、最近はもっぱら漫画と読書。空いてる時間は全部。スゴい勢いで読んでますよ。ツタヤがコミックレンタル始めちゃったから、一冊80円だったら借りちゃうもん。レンタルで一週間10冊くらい借りて、寝ないで読んでる。そして移動の合間には小説を読んでる。とにかく今、紙媒体の漫画か本。

■好きな作家さんとかいるんですか?

勝山
今はね小説は二人いるんですけど、森見登美彦さん。この人天才ですね。会いたいです、この人は。森見さんの本はほとんど読破してる。あとは湊かなえさん。湊さんは「告白」って本で去年本屋大賞をとった方ですけど、この人の本は新書で全部買っちゃったもんな。湊かなえさんのテーマは常に罪と罰なんですよ。言ってしまえばテーマは「復讐」。すごくいいですよ。僕と同じテーマをこの人は持っている(笑)

藤田
勝さんと全く逆をいくけど、コンドルズのホームページの書き込みかな(笑)今までほとんどやってなかったんだけど、写真載っけたり、文章を書いたりすると、それを見てくれた人が、ダンスは好きだけど、バンドには興味なかったって人が、バンドを観に来てくれたりするんですよ。やっぱりファンのみなさんの反応があるんでね、いいですよね。見てくれてる人がいるのは楽しいです。最近ね〜ネットに疎い僕もようやくわかりました(笑)あのね、鈴木みのるさんってプロレスの選手がいるんだけど、その人が言ってたのは、書くべき人は書く。だからこそ、影響力があるってね。インターネットって顔が見えないじゃないですか。だから変な風になっちゃったりもするんだけど、顔が見える主張はいいと思うんですよ。でも顔が見えないことをいいことに、匿名性のある書き込みで、自分の言葉に責任を持たない人たちが多過ぎるじゃないですか。ああいうのはやだな〜と思っちゃうよね。

勝山
発言していい人は、いい人なりのリスクと責任を背負ってるから、頑張った人がそういう発言権のようなものを持っていたはずなのにね。
藤田
パソコンだけに向き合ってる人が、いかにもなことをやってもね〜。
勝山
そう言う奴らがちょろっと言ったことが、影響力があったりするのが腹立たしいですけどね。
藤田
最近、ブログを始めた俺が言うことじゃないけどね。
勝山
藤田さんは言っていい立場の人ですよ。頑張って舞台やってここまで来られたんですから(笑)

★質問8/好きな猫の種類は?

勝山
俺はメインクーン。
藤田
僕は太った猫。ぽてっとした感じのね。

★質問9/タイトル通り、生まれ変わったら、何になりたい?

勝山
俺、アニメ関係の仕事に就く人(笑)粗方僕の人生の中でやりたいことっていうのは、大きく三つしかないんですよ。この人生残り何年あるかわかんないですけど、舞台はやってみたかったし、バンドが一番やりたいことだったんだけど、あとアニメだったんですよね。どうもこのアニメには関われなくて死んでいきそうな予感がするんですよ(笑)せいぜい、今僕にできることは声優だと思うんですよ。でもこれだけアニメが好きだった訳ですからね、まあ主題歌とかでもいいんですけど、やっぱりアニメを作る方になりたかったですね。でもそれは叶わぬまま死んでいくんだろうなと思うんでね。と思うと、ちょっとこの人生、すでに後悔。

■まだわかんないじゃないですか(笑)

勝山
いや、むりむり。今のアニメの技術とかみてたら、もう俺はここには関われない。俺はもうイチ鑑賞者でしかありえないということに気づかされますから。このアニメのスゴさをみてると。なんかね、ホント、アニメはやってみたかったな。

■そういうのアニメーターって言うんですか?

勝山
アニメーターから入って、作家になって、ちゃんと副監督をやって、監督やる訳ですよ。ロボットアニメの。

■ロボットアニメ限定?

勝山
ロボットアニメにしか興味ないですから(笑)生まれ変わったらロボットアニメの監督になりたいな〜。あ!本を書いてロボットアニメの原作やればいいんだ!ってことはまだ可能性があるということに今気づいた。がんばろ。これで生まれ変わらなくていいことが判明した(笑)あるいはガンダムに乗るパイロット(笑)モビルスーツのパイロットになって、戦争根絶するのが夢。
藤田
僕は、プロレスラーになりたいですね。ずっと憧れてるし、プロレスもどきも舞台上でたまにやったりするんだけど、やっぱりプロレスラーになってみたいですね。
勝山
今からでも遅く・・・ないよ(笑)
藤田
いやいやいや。僕にとって、レスラーは尊敬の域だから。なんちゃってプロレスラーとかはいっぱいいるんですよ。ただレスラーにはレスラーにしかできないことがいっぱいあるんで、レスラーの領域はいたずらに踏み越えちゃダメです。僕は観に行って声援を送ることしかできないですね。
勝山
審判なら今からでもなれるじゃん、藤田くんなら。
藤田
なれるかな〜。あ、1回やられたいのはね、誤爆。もちろんレスラーの人に。誤爆やられて失神しちゃう、みたいな感じのことをやりたい(笑)

■では最後に、福岡のファンの方にメッセージをお願いします。

藤田
今年もまた熱い夏を福岡からスタートできて、ホントに光栄なんで、一緒に熱い夏を作っていきましょう!
勝山
今年はジブリもないし、コンドルズしかないでしょう(笑)
藤田
エヴァがあるよ。
勝山
エヴァとコンドルズは同居しているから。俺の中で仲間だから(笑)ジブリは偉大なるライバル。この夏は、ヱヴァンゲリヲンとコンドルズでしょう。それさえ観てれば後は何も観なくていいです(笑)でもちょっとマジメに言うと、福岡ではいつも開幕戦なので、一緒に作品を作ってもらってる感じがするんですよ。福岡のお客さんと一緒に作品を作ってるっていう。いわばコラボレーションでしょ。今年もいいコラボレーションしようぜ!(笑)

【イムズホール】
neko01.jpg
イムズパフォーミングアーツシリーズ09 vol.5
コンドルズ日本縦断大転生ツアー2009
Nine Lives
Live001 福岡公演 アメリカンショートヘア・スペシャル

■公演日/8月15日(土)19:00、16日(日)13:00・18:00
■構成・映像・振付/近藤良平
■出演/青田潤一、石淵聡、オクダサトシ、勝山康晴、鎌倉道彦、古賀剛、小林顕作、田中たつろう、橋爪利博、藤田善宏、山本光二郎、近藤良平
■料金/4,000円(全席指定) *当日500円増
〈電子チケットぴあ Pコード〉395-185 ★Pコードクリックでチケット購入できます
〈ローソンチケット Lコード〉82310
e+(イープラス)