yamada_kaiken01.jpg
先日(11/9)のカフェ上映イベントも超満員の大成功を収めた山田広野氏。
それに続けとばかりに来年1月12日(月・祝)に西鉄ホールの公演が決定!その記者会見が開かれました。

自作自演の活弁映画を撮り始めて早10年。11年目を迎える2009年の第一弾として開催される「新春!山田広野の活弁天国」は必見!撮り下ろしの新作から人気シリーズまで約8本の活弁映画を上映するという。

ナレーションはもちろん、出演者のセリフ、効果音までスクリーンの袖に立って活弁をつけるという、稀に見る上映スタイル。山田さん自身はそうとうの日本映画マニアらしく、その映画たるやかつての日本映画黄金時代を築いた作品に多大なる影響を受けているよう。とは言っても、作品のほとんどがコメディー。本人が“桃色活弁”と称するエログロナンセンスな映画も登場する。
会見では「福岡でも撮影をします!」と断言。虫も殺さぬような澄ました表情から発せられる流暢なハイトーンボイスに、その人気は高まるばかり。取材陣も初めて会う山田広野氏に興味津々の様子。
好評発売中のDVDでは、かのリリー・フランキー氏から「ちょっとでも暇なやつは、山田の映画に付き合うべきだ」とコメントを寄せるほど。まさにサブカル界のプリンス(!?)

公演当日は奇しくも“成人の日”。大人になった記念でもよし、大人を再認識するもよし。
福岡の新春を笑いの渦に巻き込んでくれること間違いなし!です。
これを逃すと、あなた、ソンしますよ!!

 

 

yamada_web02.jpg

新春!山田広野の活弁天国

【西鉄ホール】
■公演日/2009年1月12日(月・祝)17:00
■作・出演/山田広野
■料金/1,800円(全席自由)
〈電子チケットぴあ Pコード〉614-529 ★Pコードクリックでチケット購入できます
 西鉄ホールオンラインチケット
■主催/FREE WAVE TENJIN FM(西鉄ホール事業部)/フライングサーカス