takeda_hashimoto

あの伝説的映画『セーラー服と機関銃』が最新作となって、スクリーンに還ってくる!

1981年に公開され、社会現象を巻き起こした薬師丸ひろ子主演の大ヒット映画『セーラー服と機関銃』のその後を描いた赤川次郎の小説を、福岡出身の橋本環奈主演で、なんと35年ぶりに実写映画化。
福岡での舞台挨拶に登場した橋本は「この作品どげんやった?」とまずは博多弁を披露。
また武田鉄矢との共演について「武田さんには、休憩中もアドバイスをいただきました。機関銃を撃つシーンは、とても大事なシーンなので、現場の空気が張りつめてて、私も緊張していたんですが、武田さんに『主演なんだから何回でもやっていいんだよ』と言われて、気持ちが楽になりました。福岡の大先輩と一緒に演技ができてうれしかったです」と撮影中のエピソードを語ると、武田鉄矢は「橋本さんは単にアイドルとしてだけではなく、これからアクトレスになる人だと思っています。橋本さんは僕が共演してきたアイドルとはケタが違いますね。今までの子が1だとすると、環奈さんは100のケタ」と、女優・橋本環奈にも太鼓判を押した。

 

『セーラー服と機関銃ー卒業ー』
3/5(土)TOHOシネマズ天神、UCキャナルシティ13、Tジョイ博多 ほかにて全国ロードショー

監督:前田弘二
原作:赤川次郎「セーラー服と機関銃・その後―卒業―」(角川文庫刊)
出演:橋本環奈、長谷川博己、安藤政信、大野拓朗、宇野祥平、古舘寛治、柄本時生、岡田義徳、奥野瑛太、鶴見辰吾、榎木孝明、伊武雅刀、武田鉄矢

http://sk-movie.jp/
〈2016年・日・119分〉