maekawa01.jpg
オカルト、SF的…と、異色の作風で話題の劇団「イキウメ」。その作・演出を手掛ける前川知大さんが、自身の劇団では始めての福岡公演(西鉄ホール)が決定し、その記者会見&ブロガー会見が行われました。

「イキウメ」は、今年で旗揚げ6年目を迎える比較的若い劇団ではあるが、劇団員の平均年齢は30歳前後で前川さん曰く「実は、そんなに若くない」のだそう。劇団としての人気も年々上昇し続けている。その理由の一端は、劇作家・演出家である前川氏が描き出す、日常と非日常が交錯する独特の世界観。先日福岡で公演があった、俳優の佐々木蔵之介さん率いる、Team申「抜け穴の会議室」も何を隠そう、彼の作・演出。人気・実力共に高い役者陣からはもちろん、演劇界での評価も高い。その話題の劇団「イキウメ」がいよいよ福岡で初の公演をすることになった。待ち望んでいた人も多いのでは?

今回福岡でも公演が決定している新作は「表と裏と、その向こう」。時間を切り売りする男女の物語である。前作「眠りのともだち」では、夢の世界と現実の世界を描いた物語だったが、今回は“時間”と“生と死”の関わりを描く物語になる。
劇団名となっている「イキウメ」とは、“生きたまま彼岸を覗く”という作劇をコンセプトにしているという。
詳しい内容については、シアタービューフクオカ次号本誌にてご紹介していますので、ぜひ一読を!!

★☆★☆前川知大氏を囲んで福岡でブロガー会見も!

blogger.jpg

当日集まったのは、演劇好きのブロガーはもとより福岡で劇団をやっている人、普通のサラリーマン、OLなど総勢13名。
記者陣の会見を終えたあとの開催となったブロガー会見だけに、前川さんも自分なりのリズムが掴めた様子。劇団の紹介や物語の着想から始まり、脚本の書き方やストーリーの作り方、執筆した小説のこと、今、興味があることなど、Team申公演でのプチ裏話など、会見と言うよりは座談会といった雰囲気。また東京から一緒に来られたイキウメのプロデューサーである中島さんや西鉄ホールプロデューサーの中村さんが、なぜ、今、イキウメなのか、といったお話もされて、参加したみなさんは興味津々に聞き入っていました。
もちろん、最新作「表と裏と、その向こう」についても、しっかりお話をしていただきましたので、「イキウメ、前川知大、西鉄ホール、ブロガー会見、『表と裏と、その向こう』」・・・などのキーワードで検索してみてください。
ブロガー会見の様子が、きっとアップされているはずです!

 

★公演情報★
●5月17日(日)発売 new.gif
uratoomote.jpg
「表と裏と、その向こう」

【西鉄ホール】
■公演日/7月12日(土)18:00・13日(日)13:00
■作・演出/前川知大
■出演/浜田信也、盛隆二、岩本幸子、森下創、緒方健児/西牟田恵、内田慈、安井順平
■企画・制作/イキウメ
■料金/3,500円(全席指定) *当日300円増
〈電子チケットぴあ Pコード〉386-037 ★Pコードクリックでチケット購入できます
〈ローソンチケット Lコード〉83030
 西鉄ホールオンラインチケット
ピクニック(郵送販売)
 ※未就学児童のご入場はお断り致します。
■(社)日本劇団協議会主催 創作劇奨励公演