europe_jyouei01.jpg
今月10日(木)に、ヨーロッパ企画のあんなに観てほしかった上映会がぽんプラザホールにて開催されました。今回は、6月に行われる〜やったね10周年ツアー〜「あんなに優しかったゴーレム」公演のプロモーションの一環として、ヨーロッパ企画を福岡の人にもっともっと好きになってもらおう!と、過去に上演され人気の高かった「衛星都市のサウダージ」を上映。

当日会場は満席!上映の前にヨーロッパ企画立ち上げのメンバーでもある、作・演出の上田誠さん、シアタービューフクオカの人気連載コラム「ギリ俳優論」でもお馴染みの永野宗典さん、同じく初代メンバーの一員で、テレビや映画などでも活躍中の諏訪雅さん、役者でもありヨーロッパ企画のロゴデザインやイラストも手掛ける角田貴志さんが、舞台上でトークセッション。
まるで“上映会をする人たちの芝居”を観ているかのような、おもしろトーク満載!
上映終了後も、「あんなに優しかったゴーレム」を宣伝してください!!と、今度はフォトセッションに。普段は舞台の撮影などめったに出来ないのだけど、この時ばかりは会場中のお客さんがステージに向かって、ケータイやデジカメで一斉に写真を撮りまくり。ヨーロッパファンにはたまらなく嬉しい時間だったに違いありませんね。しかし、その光景たるや、ちょっと面白くて私もその様子をパチリ。

europe_jyouei03.jpgeurope_jyouei02.jpg

上映後には出演者が直接、DVDやCDの販売をするというサービスも。そこでなんとCDが売り切れる、という事態に!
来場してくれたファンのみなさんが、お友達を誘って6月の公演に来てくれることを楽しみにしています!!

 

「あんなに優しかったゴーレム」について。
ゴーレムというのは魂が吹き込まれた土人形のことです。霊魂の類を信じない、という人は多いでしょうが、そんな人でも夜の病院はちょっと待ってくれよとなるでしょうし、お守りをハサミでちょんぎるのは苦しいでしょう。僕も書いてていやですもん。理系ですけど。同様に、古壁に3つのシミがついていて、それが目と口に見えなくもない時、それをハンマーで壊すのに一瞬の躊躇が生じたとしたら、そこにいるのがゴーレムなのでしょう。あんなに優しかったゴーレムがどうなるのかが今回の見どころですね!
(作・演出/上田誠)

 

 

【イムズホール】 new.gif

イムズパフォーミングアーツシリーズ08 vol.5
第2回福岡演劇フェスティバル参加作品
ヨーロッパ企画第26回公演
「あんなに優しかったゴーレム」

golemnew.jpg

■公演日/6月20日(金)19:00、21日(土)13:00・18:00
※6/20公演終了後、劇団員によるおまけトークショー予定(約30分)
■作・演出/上田誠
■出演/石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、西村直子、本多力
*出演を予定しておりました松田暢子さん・山脇唯さんは体調不良の為今回の舞台については降板いたします。
■料金/3,300円 ※当日3,500円(全席指定)
〈電子チケットぴあ Pコード〉384-937 ★Pコードクリックでチケット購入できます
〈ローソンチケット Lコード〉82121
 ピクニック(郵送販売)
 ※未就学児童のご入場はお断り致します。