fes2.jpg

いよいよスタートする「第1回福岡演劇フェスティバル」は、九州・山口から参加者を募るという太っ腹具合は、演劇人にとってたのもしいイベント。招聘公演を入れると、その規模は全国区となる。その第1回というのだから、これを見逃す手はないのだ。
選出されたのは、審査基準である、1)芸術点(作品全体の創造性の高さ)、2)技術点(テクニカル面においての技術力の高さ)、3)活動点(チャレンジ精神や広範囲に渡る活発な活動を評価)をクリアした3団体。共通チケットなどお得なチケットも準備され、より身近に演劇に触れることができるイベントです。福岡の新たな演劇シーンの幕開けに、あなたもぜひ参加してください!

★共通チケット発売中!
【共通チケットとは?】
観劇可能劇団(6劇団)を各劇団1公演ずつ観劇可能。つまり6つの公演を9,800円で観られちゃうお得なチケット。さらに、エルカンパニー「産隆大學應援團」G2プロデュース「ツグノフの森」は、当日券を3,500円で購入できます。さらにさらに!共通チケットは誰が使ってもOKなので、観たい公演が重ならなければお友達と一緒に使うこともできます(但し、お友達と一緒に同じ公演は観ることができません!のでご注意を)

◆観劇可能劇団/ギンギラ太陽’s・チェルフィッチュ・ニットキャップシアター・空間再生事業 劇団GIGA・のこされ劇場≡・劇団きらら
◆共通チケット料金/9,800円
◆限定40枚
◆チケット販売/ローソンチケット(Lコード:83937)または福岡演劇フェスティバル事務局ホームページで購入できます。

 

 

《参加劇団》
■西鉄ホール■
★4月13日(金)〜15日(日)★
エルカンパニー「産隆大學應援團〜地上最強のチアボーイズ参上〜」
料金/前売:5,500円・当日:5,800円(全席指定)
※福岡演劇フェスティバル共通チケットを当日持参の方は3,500円で入場できます。
〈チケットぴあ Pコード:374-365〉〈ローソンチケット Lコード:82585〉

★4月19日(木)〜30日(月)★
ギンギラ太陽’s 大ギンギラ博覧会2007「流通戦争スペシャル」
料金/3,500円(全席指定)
〈チケットぴあ Pコード:375-045〉〈ローソンチケット Lコード:83191〉

★5月3日(木)★
空間再生事業 劇団GIGA「カンディードー或いは楽天主義説ー」
料金/前売:2,800円・当日:3,500円・ペア券:5,000円(限定50組)(日時指定・全席自由)
〈チケットぴあ Pコード:375-075〉〈ローソンチケット Lコード:83307〉

◆夜公演(19:00開演)終了後、アフタートーク有り
●アフタートークゲスト:小堀純 氏(編集者 1953年 名古屋市生まれ)
『プレイガイドジャーナル名古屋』、大阪の『プレイガイドジャーナル』(ぷかじゃ)編集長を経て、1988年よりフリーの編集者、ライター。関西に拠点を置き全国的視野で演劇<小劇場演劇>を中心に、紹介・評論・企画活動を展開している。北村想、内藤裕敬の戯曲集、中島らものエッセイ、小説などの編集を手がける。またOMS戯曲賞の企画推進役、精華演劇祭企画委員代表も務める。著書に中島らもとの共著『”せんべろ”探偵が行く』(文芸春秋)がある。

★5月5日(土)★
のこされ劇場≡「蒲団ーfutonー」
料金/前売:2,000円・当日:2,500円(全席自由)
〈チケットぴあ Pコード:375-228〉〈ローソンチケット Lコード:83645〉

◆公演終了後、アフタートーク有り
●アフタートークゲスト:安田弘之 氏(漫画家 1967年 新潟県生まれ)
94年「ショムニ」で講談社漫画オープン準大賞入選。これが漫画家デビューとなりショムニはその後フジテレビでドラマ化され話題になった。現在エロティクスf(太田出版)にて「ラビパパ」、まんがくらぶ(竹書房)で「うたうめ」などを連載中。のこされ劇場≡代表の市原が安田氏の熱烈なファンであったことから交流が始まり、互いの創作活動に刺激を与えている。今回の「蒲団-futon-」のチラシデザインは二人の初めてのコラボレーションとなる。

★5月7日(月)★
劇団きらら「OTO〜デシベルジャングルにグラマー美人〜」
料金/前売:2,000円・当日:2,500円(全席自由)
〈チケットぴあ Pコード:375-229〉〈ローソンチケット Lコード:83646〉

◆公演終了後、アフタートーク有り
●アフタートークゲスト:小出恵 氏(1971年東京生まれ)
1998年“小劇場”と呼ばれるシーンに市場をつくろうと試み任意団体「×2.5(ニバイハンと発音)」を設立。制作協力、またはプロデュースした劇団は、動物電気、毛皮族、ヨーロッパ企画、シベリア少女鉄道など多数。演劇の制作、企業イベントの企画運営などの事業を展開。共感づくり、ファンづくり、「つくり手と顧客・鑑賞者とのふれあいの場」の企画プロデュースを得意としてきた。2007年、新たなプロジェクトの事業化を計画中。

★5月11日(金)〜13日(日)★
G2プロデュース「ツグノフの森」
料金/前売:4,500円・当日:5,000円(全席指定)
※福岡演劇フェスティバル共通チケットを当日持参の方は3,500円で入場できます。
〈チケットぴあ Pコード:374-819〉〈ローソンチケット Lコード:82973〉

■イムズホール■
★4月14日(土)〜20日(金)★ ※発表4月21日(土)・22日(日)
イッセー尾形のつくり方2007 in 博多 ワークショップ
料金/参加費:1,000円(各日ごと)
●ワークショップ発表公演「イッセー尾形とフツーの人々」
4月21日(土)・22日(日)
料金/1,000円(お代は観てのお帰り、お気持ちが湧いたなら、1,000円頂きます)

★5月2日(水)〜3日(木)★
チェルフィッチュ「三月の5日間」(第49回岸田國士戯曲賞受賞作品)
料金/前売:3,000円・当日:3,500円(全席指定)
〈チケットぴあ Pコード:375-371〉〈ローソンチケット Lコード:83841〉

【ぽんプラザホール】(財)福岡市文化芸術振興財団
★5月18日(金)〜20日(日)★
ニットキャップシアター「お彼岸の魚」
料金/前売:2,500円・学生(大学生以下・当日要証明):2,000円・当日:3,000円(全席自由)
〈チケットぴあ Pコード:374-603〉〈ローソンチケット Lコード:83936〉

◆番外企画◆
★4月6日(金)★【イムズホール】
THE CONDORS 初!日本縦断ワンマンライブツアー
「光の春とロックンロール TOUR 2007」

料金/3,500円(全席指定)
〈チケットぴあ Pコード:250-967〉〈ローソンチケット Lコード:83020〉

★6月3日(日)★【西鉄ホール】
南河内万歳一座「滅裂博士(仮題)」
料金/前売:3,500円・当日:4,000円(全席指定)
学割:3,000円(当日・劇団メール予約のみ取扱い)
※福岡演劇フェスティバルの半券をお持ちの方は2800円で入場可。

fes.jpg