mori1.jpg

森光子さんが主演を務める舞台「雪まろげ」がこの4月に公演。森さんの博多座での舞台は昨年3月の「おもろい女」以来、約1年ぶりとなる。

「雪まろげ」は1980年の初演、今回は2000年の芸術座公演以来7年ぶりに上演。「放浪記」「おもろい女」に次いで森さんの代表作品といっていいほど。青森・浅虫温泉を舞台に、明るい笑いに満ちて、ホロッと涙させる人情喜劇。温泉芸者・夢子が人を喜ばせるためについ嘘をついてしまう。夢子がついた小さな嘘が「雪まろげ」のように、どんどん転がって大きくなりドラマが作られていく。温泉芸者・夢子は、森さん自身が役作りに加わったというほど思い入れは深い。きっとキュートで底抜けに明るい夢子を演じてくれるに違いない。
本作は長年愛され続けている人情喜劇だが、再演の度に台本や演出に工夫が施される。今回は演出に小劇場出身のマキノノゾミ氏を迎え、今の時代に合った“笑い”や“感覚”を取り入れたテンポのよい新しい「雪まろげ」が楽しめそうだ。

m2.jpg
森光子さん(主演)

●2月10日(土)発売
雪まろげ

【博多座】
■公演日/4月5日(木)〜29日(日)
■作/小野田勇 ■演出/マキノノゾミ
■出演/森光子、石田純一、森口博子、山田まりや、米倉斉加年、中田喜子 他
■料金/A席 14,000円、特B席 11,000円、B席 8,000円、C席 4,000円
〈電子チケットぴあ Pコード〉372-250
〈ローソンチケット Lコード〉87545
 博多座電話予約センター 092-263-5555