toumin.jpg
伊丹公演(AI・HALLにて)/撮影 堀川高志

大阪を中心に活動する劇団Uglyducklingが、15年の歴史に幕を下ろすこととなった。そのツアー千秋楽が今週末1月29日、30日にぽんプラザホールで行われます。

この最終公演は、「春眠バージョン」「冬眠バージョン」とダブルキャスト。福岡では「冬眠バージョン」。
座付き作家の樋口ミユは、「古いものから新しいものへの移り変わりや、伝えられて行くもの、その中にある『思い』をこの作品では描いて行きたい。まさに今の自分たちのように、形にならない『思い』というのは、どういうシーンにも存在するのかもしれない。そういうものを表現した作品です」と語る。
15年間を振り返ってどうでしたか?との問いに「思い出すのは、大変だったことばかりですね(笑)。とにかく、間を空けずに公演をやり続けて、本当にあっという間の出来事でした。でも、私たち劇団員には、それぞれの未来があると思ったんです。本当は女性なら年齢的にも、もう少し早い段階で自分自身のことについて考えるのでしょうけど、私たちは芝居を作り、公演することに精一杯でしたらね(笑)その時期が今だというだけのことなんです。だから、これで劇団は終るけれども、それぞれのやりたいことに続いていくきっかけになるといいですね。解散は大事件でもなんでもなく、それぞれの人生の“出来事”のひとつだと思っています。がむしゃらにやってきて、本当に楽しく実りのある15年だったと思います。」(樋口ミユ)
解散という、新しいステップで彼女たちはまた大きくなって羽ばたいていくようです。

ツアー千秋楽の福岡公演、劇団Uglyduckling「凛然グッド・バイ」。
ぜひその目に焼き付けてください。

 

 

【ぽんプラザホール】
劇団Uglyduckling最終公演「凛然グッド・バイ」

■公演日/1月29日(土)19:00、30日(日)13:00
■作/樋口ミユ
■演出/池田祐佳理
■出演/(冬眠)吉川貴子、村上桜子
■料金/2,800円 (日時指定/全席自由)※当日3,000円
ペアチケット5,000円(劇団予約販売のみ)
大学生以下 1,500円
〈チケットぴあ Pコード〉408-055
劇団Uglyduckling
TEL:06-6933-3455
ticket@ugly-d.com(メールでのご予約は公演前日までの受付となります)