teco21.jpg
cafe Tecoオーナー・Tecoちゃんこと手嶋有紀さんに
「お芝居の出演者にケータリングするならこんな料理!」
というのを作ってもらっちゃおう!ってコーナーです。
今回は本誌「Choose Up Viewer」の中から「国盗人」をチョイス!

■vol.21■フラップ・ジャックス
シェイクスピアの戯曲を読むと、台詞中によくお菓子が登場するって知ってました?そんなにお菓子好きだったのかな?と思うほど。その中でも登場する確率が高いのが「フラップ・ジャックス」というもの。オートミールをモラセスシロップ(茶色の砂糖をシロップにしたもの)で固めたお菓子です。中世のイギリスでは、砂糖を使ったお菓子は裕福な家にしかなかったようです。シェイクスピアの書く物語は、どれも貴族の話ですよね。今回の「国盗人」という作品は、原作の「リチャード三世」をもとに新たに作られたそうなので、このフラップ・ジャックスは登場しないかもしれませんが、シェイクスピア作品によく登場する上に、それは台詞中の比喩としても使われていたりします。よっぽど甘いものが好きだったんだな〜と思って、どんなお菓子なのか気になって作ってみました。“お菓子好きなシェイクスピア”って、ちょっとキュートな感じじゃないですか。あの偉大な作家が、こんなお菓子片手に戯曲を書いていたのかな、と想像しながら観ると、お芝居も少し違った風に見えるかも。

*材料と作り方*
coming soon…!

cafe Teco(カフェ テコ) 福岡市中央区警固1-4-22-2F
 OPEN am11:00-pm10:30 (pm9:00 OS、不定休)