miyamoto_tvf01

若者の恋愛を描いた作品が巷に溢れる昨今。妻を愛し続ける愛妻家ではなく、妻に恋をする“恋妻家”という造語を作って大人の夫婦の物語を描いたのは、気鋭の脚本家・遊川和彦。驚異の高視聴率を獲得した「家政婦のミタ」(11年)をはじめ、「女王の教室」(05年)、「○○妻」(15年)、「偽装の夫婦」(15年)、「はじめまして、愛しています。」(16年)等々。数々の話題作を世に放ち続ける遊川和彦が満を持して映画『恋妻家宮本』で、自らの脚本で映画監督デビュー。

物語は、様々な家族を描き続けてきた人気作家・重松清の「ファミレス」を原作に、遊川流の大胆な脚色を加えたもの。またしても斬新な視点で家族の物語を紡いだ遊川和彦の映画初監督作品には超豪華キャスト陣が集結。宮本家の夫・陽平を阿部寛、その妻・美代子を天海祐希。本作で初の夫婦役を演じる。他にも、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、奥貫薫、佐藤二朗、富司純子といった実力派俳優が脇を固める。

子供が巣立ち、2人きりとなった宮本夫婦。
ある日、夫は妻が隠していた離婚届を見つけてしまう。
そこから始まる、可笑しくも愛おしい夫婦の物語とは———。

 

【 PRESENT 】

公開に先駆けてシアタービューフクオカの読者を、特別招待試写会にご招待(5組10名様)いたします。下記の必要事項をお書き添えの上ご応募ください!

 

★『恋妻家宮本』特別招待試写会概要 ★
●日時/2017年1月23日(月)開場18:30 開映19:00(上映時間:1時間57分)
●場所/都久志会館(福岡市中央区天神4-8-10)http://tsukushi-kaikan.jp/access/
*応募締切/2017年1月14日(土)
●お問合せ先:シアタービューフクオカ info@tvf-web.com

※当選者の発表は試写招待状の発送をもってかえさせていただきます。

★応募方法

ご応募はこちらから↓

https://goo.gl/forms/vW0jiI3vIVo4d4OB3

【応募締切】2017年1月14日(土)

B1用-koisaika_sainyuukou_1013ol_1014

1/28(土)TOHOシネマズ天神、ほかにて全国ロードショー

【監督・脚本】遊川和彦
【原作】重松清「ファミレス」上下(角川文庫刊)
【出演】阿部寛、天海祐希、菅野美穂、相武紗季、工藤阿須加、早見あかり、佐藤二朗 /富司純子 ほか

http://www.koisaika.jp/

Ⓒ2017『恋妻家宮本』製作委員会