hakatanojin01main

劇団☆新感線35周年!「博多の陣」開催!!

今年で35周年!を迎える劇団☆新感線が、夏の博多を盛り上げるべく「博多の陣」を開催!劇団☆新感線と福岡と言えば、切っても切れぬ間柄。主宰で作・演出家のいのうえひでのり、座付き作家で脚本家の中島かずきが福岡出身というのは周知の事実!
そこで、この夏劇団☆新感線が博多のあちらこちらに登場して、福岡のエンタメを盛り上げてくれます!どれひとつとしてお見逃しなきよう!!

劇団☆新感線35周年!「博多の陣」に寄せて
《いのうえひでのり》劇団☆新感線主宰 作・演出家
いずれは博多座で1ヵ月、その礎を築きたい

18歳まで過ごした福岡には、やはり特別な思いがあります。5年前の『鋼鉄番長』は、高校演劇部時代の憧れ、嘉穂劇場で公演しました。感慨深かったです。その前は2003年の『花の紅天狗』、博多どんたくとぶつかってお客さんの入りはいまひとつでしたが、ご来場の方々が「俺たちが盛り上げちゃらんと!」とばかり大変賑やかに楽しんでくれたのを覚えています。熱いお客さんに、うまかもん!そんな九州に、僕らはいつだって来たい!今回の博多の陣で、その礎を築きたいと思っています。この機会に皆さん宣伝部員となって、ゲキ×シネや写真展に友人知人を連れて来ていただきたい!僕らの芝居は難しいものじゃないから、どなたでも楽しんでいただけると思います。

《中島かずき》劇団☆新感線座付き作家 脚本家
新感線の作風は、この町で生まれた

福岡といえば故郷だが、それだけじゃく、いのうえといっしょに芝居をやっていた町という思い入れがある。大学時代、僕は東京、いのうえは大阪と別々の土地に進学していたが、春と夏の休みを使って福岡市内で公演を行っていた。忘れもしない20歳の夏公演、演劇的作風にどうにも行き詰まり、ならば自分の好きな漫画や映画の世界を真っ向から舞台にする。ギャグと素っ頓狂なキャラと活劇でいく。そう決めた。新感線で描いていく作風は、間違いなくこの町で生まれたのだ。それから35年。まさか、こんな形で福岡に戻ってこれるとは。井尻の公民館で稽古してた若き日の自分たちに言っても、多分信用しないぞ。あの頃の福岡にありがとう。そして、今の福岡に改めてよろしくです。

《柴原智子》劇団☆新感線プロデューサー
三陣・様々な角度から、攻め込ませていただきます!

このたび、劇団☆新感線は、5年ぶりに九州の地に降り立つ運びとなりました!となれば、九州のお客様にもっと新感線を知っていただくための“博多の陣”を仕掛けたい!その第一陣はすでに公開中のゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』と5月公開のゲキ×シネ『蒼の乱』です。映画館でどうぞお気軽に、いのうえ歌舞伎の絢爛たる世界をご堪能ください。第二陣として、博多阪急にて記念写真展『婆娑羅』を開催いたします。懐かしい舞台写真や若くて美しかった時代の古田新太やらで、新感線の歴史をお楽しみください。しんがりは、『五右衛門 vs 轟天』。いのうえ歌舞伎とは180度違う“ネタもの”で笑っていただきます。いろいろな新感線で攻め込みますので、皆様、ぜひご参戦くださいませ!

 

☆博多の陣 ラインナップ☆

《第一弾》市川染五郎とタッグを組んだ、劇団☆新感線の代表作が映像で蘇る

ゲキ×シネ『阿修羅城の瞳2003』

◎4月11日(土)〜Tジョイ博多にて公開中
ashura

《第二弾》〈天海祐希×松山ケンイチ〉が、壮大なスケールで贈る戦乱ドラマ

ゲキ×シネ最新作『蒼の乱

◎5月9日(土)Tジョイ博多にてロードショー
aonoran
(C)2015 ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

 

《第三弾》
写真家・野波浩と劇団☆新感線のアートワークを一挙に公開

劇団☆新感線35周年記念写真展『婆娑羅(バサラ)』

__basara_flyer_omote_v3_ol
劇団☆新感線の大きな柱である“いのうえ歌舞伎”シリーズのイメージビジュアルを手掛けてきた写真家・野波浩。劇団新感線35周年を記念して、彼らが出会った1996年の『Beast is Red〜野獣郎見参!』から2014年の最新作『蒼の乱』まで、全17タイトル100点あまりを一挙に展示する。ゲキ×シネ『蒼の乱』公開記念企画として、スチール撮影や舞台本番にて実際に着用された衣裳を間近で見られる衣裳展示コーナーあり。
◆5月13日(水)〜24日(日)10:00〜20:00※入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00閉場
◆博多阪急 7F イベントホール『ミューズ』
福岡市博多区博多駅中央街1-1
◆入場料 一般500円 高校・大学生300円 中学生以下無料
【トークショー開催決定!】
◎トークゲスト:細川展裕氏(劇団☆新感線 エグゼクティブプロデューサー)
◎5月17日(日)14:00〜・16:00〜

◎トークゲスト:金沢尚信氏(ゲキ×シネ 映像版プロデューサー)
◎5月23日(土)14:00〜・16:00〜

 

《第四弾》古田新太と橋本じゅん演じる懐かしのキャラが時空を超えて大激突

劇団☆新感線35周年オールスターチャンピオンまつり
『五右衛門 vs 轟天』

©2015『五右衛門vs轟天』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

©2015『五右衛門vs轟天』/ヴィレッヂ・劇団☆新感線

【キャナルシティ劇場】
■ 7月11日(土)~20日(月・祝) ■ 作/中島かずき ■潤色・演出/いのうえひでのり
■ 作詞/森 雪之丞 ■音楽/岡崎 司 ■振付/川崎悦子
■ 出演/古田新太 橋本じゅん/松雪泰子 池田成志 賀来賢人/高田聖子 粟根まこと ほか
■ 料金/S席12,000円、A席10,800円(全席指定) ヤングチケット2,000円〈22才以下対象・劇団公式HP限定販売〉
◎チケットぴあ 〈Pコード:442-030〉
◎ローソンチケット 〈Lコード:83063〉
◎イープラス http://eplus.jp/GVG/
■ お問い合わせ/キョードー西日本 TEL:092-714-0159

(C)2015 ヴィレッヂ・劇団☆新感線