OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ふたりの「さよなら」が、純粋すぎて切ない。
驚きと感動の恋愛青春ファンタジー映画!

日本ファンタジーノベル大賞受賞作家・平山瑞穂による感動のファンタジー小説『忘れないと誓ったぼくがいた』(新潮文庫刊)を映画化した本作。主演には『2つ目の窓』(河瀨直美監督)で、鮮烈なデビューを果たした村上虹郎。監督は、映画・舞台と様々な表現の場で高い評価を得る堀江慶。瑞々しさに溢れたファンタジックな世界観に挑む。

主演の村上虹郎さんが来福し、撮影秘話や本格始動した“俳優”としての葛藤などを語っていただき、フレッシュなインタビューとなりました!

 

■この作品は日常なんだけどファンタジーの世界という、演じるには難しい役どころかと思いますが、監督とはどのような話をされましたか?

この突拍子も無いストーリーに関しては、現場に行かないとわからないだろうなと思っていました。現場に行って「葉山タカシ」という役をどう捉えるか。平凡な男子高校生というのは、僕にとって、むしろ特殊な存在なんです。そういう環境で育ってこなかったので。まずはそこに取り組むことと、お芝居の基礎の話を監督とはさせていただきました。

■“普通”を演じることを難しさというのは、例えばどんなところですか?

削っていく作業の方が多かったんです。留学経験なども含めて特殊な環境で育ってきたと思っているんです。そういう環境で得たものをどう抑えるか、ということをいつも考えているんです。僕にとっての役者の活動とは、自分を抑えることから始まります。でもそこで、自分が持っている本当の感情というものを、どう現していくか。その感情を今回は「葉山タカシ」としてどう見せるかということを考えていました。

■反対に自身の経験がプラスに作用していることはあります?

監督は他の人にはないリアクションをする、と言ってくれるんですね。それがいいと。ただ僕にとっては、それがどういう場面で出ているのか、というのはわからないんです。現場ではそういう話はしなかったのですが、終わってこうやって宣伝活動の場で初めて聞きました。現場では褒められたことはなかったのでビックリしましたけど(笑)

■初めての映画は河瀨直美監督の「2つ目の庭」でしたが、今回の監督とでは勝手が違っていたと思いますがいかがでしたか?

たくさんありますね。河瀬監督は、役者も生きているのだから、その時々で芝居が変わるのは当然だと考える方で、がっつり演技をするというよりは僕が持っている空気感も含めて撮っていただいたという感じでした。今回の堀江慶監督とは、映画で芝居をすること、もっと言えば、役者としての基本の部分を教えていただきながらやらせていただきました。いわゆる普通の映画の現場を体験することも初めてでした。撮影期間も短かったので、限られた時間の中でどれだけ集中してやれるか、という感じでしたね。

■演技の面白さというのを改めて感じられましたか?

現場で撮影している時はそこまで感じていなかったですけど、この作品を経て、お芝居を好きになるという感覚を覚えてきました。

■葉山タカシという役において、忘れる演技と、忘れないようにしている演技。最初に何かプランがありましたか?

それはなかったですね。現場に行って、やるしかないと思っていました。忘れないようにがんばるという演技は、そこまで難しいとは思いませんでしたが、忘れるという演技は正解がないのでやはり現場でやってみて監督がそれをどう見てくれるかだと思うので、一つ一つ監督と話しながらやりました。でも、思い出す、という演技は、そのさじ加減が難しくて苦労しました。

■2週間という短い期間での撮影だったそうですが、特に印象に残っているシーンはありますか?

夜中に歩道橋の上から叫ぶシーンは、天気の関係で日を変えて撮り直したりしたので大変でしたね。天気のことなので、どうしようもできないことなんです。あとは単純に台詞を覚える作業も大変でしたが、役としてそこに居るということも色々考えるところがありました。もちろん監督と話しながら解決していけることも多かったですけど。

■実際に出来上がった作品を観られた感想は?

何にも言えなかったです。他の作品もそうですが、毎回、最初に観たときは受け止めるのに時間がかかるんです。自分がやったことが整理できないというか。まず第一に自分が映像に映っていることにまだ慣れていないんです。実はラストシーンが、脚本上と出来上がりでは違っていたんです。もっと(物語として)先まで撮影していたんですけど、出来上がりではそこがカットされていたんです。あれ?と思ってしまって(笑)でも、監督がなぜラストシーンをあのようにしたのか、ということを監督に聞く前に自分で考えようと思ったんです。最初に観たときは誰とも話せなかったですね。

■今回の作品はご両親は観られていらっしゃいますか?

いや、観ていないです。でも両親に見て欲しいというよりは、同世代の人やもっと年上の方に観ていただきたいと思っていますね。初めての作品は観て欲しいと思っていましたが、それ以降はどっちでもいいかなと。親父はきっと観てくれると思います、気になってると思うので(笑)

■お父さん(村上淳さん)と役者としての話をすることはありますか?

芝居の話はしないですけれど、今、どんな俳優さんがいいかとか、どんな音楽がいいか、とかそんな話はよくしますね。デビューするまでは、そんな話をすることもなかったんです。僕自身も監督さんの名前も全然知らなかったので。でも俳優の仕事をするようになってからは、色んな話をするようになりました。親父が薦めてくれるものは必ず観ますね。

■今回、福岡は来られてみていかがですか?

実は友達がいるので、少し前にも来たんです。糸島行ったりして美味しいものもたくさんいただきましたよ。またふらっと来たいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インタビューのあと、舞台挨拶に登場し、ファンのみなさんとフォトセッションも!

 

 

プリント

「忘れないと誓ったぼくがいた」
T・ジョイ博多 他 全国公開中!

監督:堀江慶
原作:平山瑞穂『忘れないと誓ったぼくがいた』(新潮文庫刊)
出演:村上虹郎 早見あかり 
主題歌:クリープハイプ「2LDK」ユニバーサルシグマ
〈2014年・日本・93分〉 http://wasuboku.com/
(C)2006 平山瑞穂/新潮社 ©2015「忘れないと誓ったぼくがいた」製作委員会