◆大野城まどかぴあからのお知らせ◆

ja-seazer_web.jpg
J・A・シーザー

寺山修司が主宰していた「演劇実験室◎天井棧敷」は、あまりにも有名。この寺山演劇を母体とする「演劇実験室◎万有引力」の作・演出・音楽などを手掛けるJ・A・シーザー氏を講師に迎え、ワークショップを開催します。

天井棧敷時代からのオリジナルカリキュラム、「箱学」「ロープ学」「火学」「劇場学」等を用いた、単なる体験ではない、創作活動としての全く新しい演劇ワークショップです。
「教わる」のではなく俳優自らが、時代、世界、政治や美術と関わり、表現の糧としていくための劇的体験。寺山修司が求めていた、そして目指していた表現とは、演劇とは何なのか?ぜひ参加して、自ら体験して欲しい。

■日程:
6月1日(金) 18:30〜21:00
  2日(土) 13:00〜21:00
  3日(日) 13:00〜17:00

■会場:大野城まどかぴあ 大ホール
■講師:J・A・シーザー(演劇実験室◎万有引力代表・ディレクター)
    万有引力俳優陣6名
■参加条件:3日間のワークショップに欠席なく参加できる人で、演劇経験者又は、興味のある人(15歳以上)
■参加費:6,000円(3日間)※ワークショップ初日にお支払い下さい。
■募集定員:25名(申込者多数の場合、抽選となります)
■申込締切:5月25日(金)必着

◇ワークショップ見学者募集◇
■見学チケット:500円(3日間通し)※当日同料金
■見学チケット取扱い:まどかぴあインフォメーションにて発売中

■主催・お申込・お問合せ
財団法人 大野城市都市施設管理公社(大野城まどかぴあ)
〒816-0934
福岡県大野城市曙町2丁目3番1号
TEL:092-586-4000/FAX:092-586-4001
HP:http://www.madokapia.or.jp/

 

★演劇実験室◎万有引力 プロフィール★
1983年の寺山修司の死による天井棧敷の解散後、寺山と長く共同演出と音楽を担当したJ・A・シーザーと劇団員が中心となって、寺山の思想を現代への通底口に見出すべく結成。「万有引力とは人間同士が互いに引き合う孤独の魂の力のことである」との寺山の言葉にちなみ、「演劇実験室◎万有引力」と命名。
旗揚げ後、85年にはイギリス・エジンバラ演劇祭フリンジ部門に「SUNA」で参加し、日本人初の最優秀賞を受賞。現在まで多くのオリジナル作品を上演しつつ、天井棧敷の作品「レミング」「奴婢訓」などの再演も手掛ける。05年には、愛・地球博の開催中、野外広場にて「奇想黙示劇 宮澤賢治の知恵の夢」を上演するなど、時代の改革・人間意識の改革に連動しつつ、あるがままの人間観を再考し、密室・市街・大空間など様々な場で演劇的革命を発信し続けている。