後編/スペシャルサポーターが福岡へ!ピース(写真左から又吉直樹・綾部祐二)

2月9日(木)に開幕して以来、そのスーパーパフォーマンスぶりが話題騒然となっている「ダイハツ クーザ」。
そのスペシャルサポーターであるお笑い芸人のピースとパンクブーブーが福岡へ応援にやってきました!ということで、前・後編に分けて、インタビュー。

■ピースのお二人は東京公演からサポーターですが、サポーターに選ばれた時の感想は?

綾部
こういった形でサポーターという役をやらせてもらうのは始めてだったので、いいの?って感じでしたけど、すごく光栄でしたね。

又吉
僕ら以外のサポーターの人たちがスゴイですよね。こんなスペシャルな人たちの中に名を連ねていいのかと、思いましたけけど。やっぱりうれしかったです。

■ 今回の「クーザ」を観たときの感想は?

綾部
一言で言ったら「スゴイな」としか言いようがないですけど、改めて舞台とか人前に立つ者として、スゴイ世界観だなと。圧倒的な世界観だなと思いましたね。

又吉
最初に観たときは、色んな技に衝撃を受けましたね。

■ どれに一番衝撃を受けられたんですか?

又吉
僕は「ダブル・ハイ・ワイヤー」ですね。あの細い線の上を自転車で通るって、ちょっと普通じゃないでしょ。僕もたまに自転車に乗ってて、道路にある白線の上を走ってみるんですが、なかなかうまくいかないんですよ(笑)ただの道路でさえできないのに。しかもあれ普通の自転車なんですよ。渡りやすいようにワイヤーが溝になってたりとかじゃないんですよ。それってスゴイでしょ。その上で逆立ちしたりしますからね。そこで逆立ちをやれって、指示を出した演出家、その演出家が指示を出した瞬間に立ち会いたかったですけどね。もうワイヤーの上を自転車で行くだけでも充分やろってね(笑)とにかくあれは好きですね。

■ 綾部さんはどの演目がお気に入りですか?

綾部
僕はホントにいっぱいあるんですけど、「コントーション」かな。とにかく骨が無いんじゃないかって言うくらい女性三人の身体が柔らかい。蜘蛛みたいになったりとか。あの人たちの身体どうなってんの?っていうくらいスゴイですよね。もちろんどのシーンもスゴイですけどね。僕はこれかな。

■ そういったスーパーサーカス名演目が盛りだくさんな作品ですが、クーザの魅力ってなんだと思いますか?

綾部
とにかく全てでしょうね。目でも楽しめて耳でも楽しめる。もちろんアクロバットのパフォーマンスとかもすごいんですけど、その中にも笑いもあったり感動もあったり。衣装もそうだし、音楽もそうだし、セットもそうだし、全てのジャンルで突き詰めて作られた超一級のエンターテインメントですからね。

又吉
僕は、会場の中に入った時に現実からかけ離れたみたいにな雰囲気になるところですかね。異空間ですからね。あとは舞台上だけではなく、客席とかにも仕掛けがあったりとか、キャストが客席に来たりするんですよ。ああいうのも面白いですよね。作品に参加してる感じもあるし。舞台上に上げられるお客さんとかいるじゃないですか。あれを観て、自分だったらどうしようとか(笑)僕ね、客観的に観れないんですよ。もしかしたら自分が上げられるかもしれないし、そうなったらどうしようとか考えながらも、そんな風にして世界観に引き込まれてしまっているというか。

■ 福岡公演をこれから観に行こうかなという人たちに、おすすめのポイントとか見どころを。

綾部
とにかくご家族、お友達、カップルとか大勢で観に行っても楽しめると思うんですよ。でもひとりで観に行って、クーザの世界観にのめり込めるのも楽しいと思いますし。ホントに一人でもいいと思いますよ、世界観にぐ~~~っと引き込まれますからね。みんなで行くのとでは感じれるものが違うと思いますね。でもみんなでワイワイでもいいですし、どんな見方をしても楽しめるのがクーザだと思いますね。

又吉
技とか、目の前で起こっている現象を単純に楽しむという方法もあるんですけど、その目の前で演じている人たちの人生とかを想像しながら観ると、また違った面白さがあると思いますね。自分がもしこの中に入ってたとしたらどれができるんだろうとか、どのくらい練習しないといけないんだろうとか、色々考えていると、さらに凄さがわかるというか、そしたらやっぱり観てる側で良かったみたいなね(笑)

■ 自分がやるとしたらどれがいいですか?

又吉
色んな人に追いかけられて、舞台上の穴から出てくる人。あれがいいです(笑)

綾部
僕は「スケルトン・ダンス」の一人くらいでいいです(笑)それでもきっとスゴイんですけど、まだ何とか練習すれば、ダンスですから。できるんだとしたらそれくらいかな。

■ ジャンルは違いますけど、同じ舞台上に立つ立場の人間として、何か感じるところはありますか?

綾部
表現力とかそういうことに関してはすごく勉強になりますね。キャストもそうですし、演出の仕方とかも勉強になりますね。

■ ぜひ福岡公演も観に来てくださいね。

綾部・又吉
そうですね。行きたいですね。

■ そして是非ステージに上がって欲しいですね(笑)

綾部
いやいや、絶対嫌ですね(笑)何もしゃべれないですよ上がっても。もう観るだけでお腹いっぱいですよ。でもホントに素晴らしい作品なので、ぜひみなさんで観に行ってください!

 

 

 

 

【福岡ビックトップ(筥崎宮外苑)】
■ 4月1日(日)まで

■ 料金/
〈平日公演〉
大人 SS席 12,000円 S席 9,500円 A席 6,000円
子供 SS席  8,000円 S席 6,000円 A席 4,000円
〈土・日・祝公演〉
大人 SS席 13,000円 S席 10,500円 A席 7,000円
子供 SS席  9,000円  S席 7,000円  A席 5,000円
〈チケットぴあ Pコード〉619-550 〈ローソンチケット Lコード〉89393
e+(イープラス)(パソコン・携帯)JR九州の駅みどりの窓口、JR九州旅行各支店、駅旅行センター JTB、JTB総合提携店
ダイハツ クーザ福岡公演チケットセンター(キョードー西日本内)092-718-3939
[平日10:00~19:00/土曜10:00~17:00]
※子供は3歳〜小学生までになります。
※3歳未満のお子様でも座席が必要な場合は子供券をお求めください。
※車イスをご利用のお客様は、福岡公演チケットセンターのみ(Tel 092-718-3939)にて承ります。
※車イス席はA席料金となります。
【問合せ】キョードー西日本 092-714-0159