いわきに暮らす、高校生たちの日常と祈り

あの日から1年、震災がもたらしたこと、高校生が感じていることが、
素直に表現された舞台から浮かび上がる。

<作品の背景>
震災・原発災害に対する怒りや傷みへの祈り、どうにもならない今を、どうにもならないままぶつけることで創作された福島県立いわき総合高等学校演劇部の高校生による『FinalFantasy for XI.III.MMXI』。

脚本・構成を手がける同校教諭、石井路子さんは「苦しい状況が人を育て、強くする。甘んじて受け入れよう、そのために、生きるために作品を作ろう。どうしたらいいか分からない、抑えようのない怒りを作品にぶつけよう」と、演劇部のみんなと創作を開始されました。
(●端田新菜(いわき総合高等学校演劇部東京公演webサイト「ごあいさつ」より抜粋)

 

「Final Fantasy for ⅩⅠ.Ⅲ.MMⅩⅠ」
(ファイナルファンタジー、フォー、サンテンイチイチ)
【福岡明治安田生命ホール】
■2012年3月3日(土) 13:00・18:30
※13:00の公演は招待公演につき一般発売はしておりません。
■ 出演/福島県立いわき総合高等学校演劇部
■ 料金/1,500円(全席自由)※当日2,000円
〈チケットぴあ Pコード〉418-585〈ローソンチケット Lコード〉85376
ピクニック郵送販売 092-715-0374