第6回 福岡演劇フェスティバル 始動!

今回で6回目を迎える「福岡演劇フェスティバル」の会見が、イムズB2Fにて公開制作発表として行われた。
今年は11団体が参加し、演劇、ダンスなどの公演が約2ヶ月の間に11本の作品を福岡市内で上演する。
実行委員長である梁木靖弘氏は「福岡にはモノや情報は豊富にあるが、それだけでは街が育っていかない。街を豊かにするためにも演劇を観た人が、それを受け止め街へと反映してもらいたい。福岡演劇フェスティバルが、その役割の一旦を担えるようにしたい」と語る。

参加するのは、九州・山口で活動する劇団が応募して上演権を得る公募枠に加え、各劇場・ホールが招聘する各ホール招聘枠がある。また、参加作品をお得に観られる「共通チケット」も枚数限定で発売。
ラインナップは以下の通り

【公募枠公演】
《西鉄ホール》
4月29日(日)
village80%『No Enemy,No Life?』[福岡]
■ 作・演出/高山力造
5月4日(金・祝)劇団上町クローズライン『熱海殺人事件 売春捜査官』[鹿児島]
■ 作/つかこうへい
5月6日(日)市川森一記念 長崎座『わたしたちの町』[長崎]
■ 作/ソーントン・ワイルダー
■ 訳・演出/青井陽治
【各ホール参加作品公演】
《西鉄ホール》
5月12日(土)13日(日)劇団鹿殺し『暴れん坊 銀河鉄道の夜~前張り2012~』[東京]
■ 演出/菜月チョビ
《イムズホール》
4月19日(木)20日(金)ままごと『あゆみ』[東京]
■ 作・演出/柴幸男
5月6日(日)7日(月)チェルフィッチュ『現在地』[神奈川]
■ 作・演出/岡田利規
6月1日(金)冨士山アネット『八(エイト)』[東京]
■ 作・演出・振付/長谷川寧
《大博多ホール》
4月20日(金)21日(土)空晴『32年生の8時間目』[大阪]
■ 作・演出・出演/岡部尚子
5月18日(金)19日(土)Co.D.Exダンスセレクション『ダンス・アジア in Fukuoka 2012』
《JR九州ホール》
5月9日(水)ブランカ・リによる新作『エレクトロ・キッフ』

【FFAC企画創作コンペティション「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう!」vol.3】
最優秀作品賞受賞団体公演
《ぽんプラザホール》
5月25日(金)~27日(日)柿喰う客『ゴーゴリ病棟』[東京]
■ 原案/ゴーゴリ
■ 脚本・演出/中屋敷法仁

=========================================

【第6回福岡演劇フェスティバル】
■4月19日(木)~6月1日(金)

★共通チケット★
■販売枚数/40枚
■価格/15,000円(価格は変更する場合があります)
■発売日/3月20日(火・祝)

■ お問合せ/アートマネージメントセンター福岡(TEL:092-752-8880)http://www.amcf.jp/