嘉穂劇場さん
No.003 嘉穂劇場さん

一度立ったら忘れられない舞台

写真は、ひよ子侍シリーズ「南国から来た寒いヤツ」の上演中に復興記念式典をやっている場面。水害から復活した「嘉穂劇場さん」が、会場を埋め尽くす満員のお客様にお礼を言っている。「嘉穂劇場に嘉穂劇場が登場」というわけ。
復旧に頑張っている地元商店街の方々にも登場してもらい、みんなで盛大に復興を祝った。とまとママと華丸・大吉コンビをゲストに迎え、大立ち回りに太鼓の生演奏と、ギンギラ史上最大規模の公演だった。スタッフの人数もすごかった。一番多い時で40人はいたと思う。何しろすべてが人力。自慢の廻り舞台も、大人10人がかりで回していたのだ。この舞台で上演出来たのは本当に光栄だった。ボクらの公演直前に水害でボロボロになった劇場。浸水で床板が歪んでしまったデコボコの花道で、劇場主の伊藤さんはボクの手を取って「公演中止になって申し訳ない。必ずここを復興させるから」と涙を流した。ボクも泣きながら「ここが復興するまでこの作品を上演しません」と誓った。中止の直後に各方面から「うちの劇場でやらないか」と声をかけてもらい本当にありがたいと思ったが、すべてお断りしたのは、この誓いがあったから。
1年で奇跡的に復活した劇場。公演中、仕込みを入れて1週間ぐらい泊まりこんでいたけど、じつは毎晩こっそり劇場の中に入って劇場と共に過ごしていた。そして「復活して良かったですね。最初に登場するギンギラです。よろしくお願いします」と、劇場に話しかけていた。嘉穂劇場というのは、一度立ったら忘れられない最高の劇場だ。ぜひまた公演をやりたい。