広瀬すず 松坂桃李 ダブル主演
本屋大賞受賞の傑作小説 × 監督:李相日が贈る、ある「愛」のかたち。

2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1 位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説を李相日監督が映画化。

本作で主演を務めるのは広瀬すず&松坂桃李。10歳のときに誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文を松坂が演じる。さらに、脇を固めるのは、横浜流星、多部未華子、趣里、三浦貴大、白鳥玉季、増田光桜、内田也哉子、柄本明他、豪華俳優。
いつまでも消えない“被害女児”と“加害者”という烙印を背負い、息を潜めるように生きてきた2人。誰にも打ち明けられない秘密をそれぞれに抱えたまま再会した2人が選んだ道とは――?

【STORY】
雨の夕方の公園で、びしょ濡れの10歳の家内更紗に傘をさしかけてくれたのは19歳の大学生・佐伯文。引き取られている伯母の家に帰りたがらない更紗の意を汲み、部屋に入れてくれた文のもとで、更紗はそのまま2か月を過ごすことになる。が、ほどなく文は更紗の誘拐罪で逮捕されてしまう。それから15年後。“傷物にされた被害女児”とその“加害者”という烙印を背負ったまま、更紗と文は再会する。しかし、更紗のそばには婚約者の亮がいた。一方、文のかたわらにもひとりの女性・谷が寄り添っていて…

 



 

【 PRESENT 】
公開を記念してシアタービューフクオカの読者に『流浪の月』オリジナルクリアファイルを4名様にプレゼントいたします。下記の必要事項をお書き添えの上ご応募ください

 

★『流浪の月』
オリジナルクリアファイルプレゼント

★ ご応募はこちらから↓ ★

https://forms.gle/pfohp1yBtcCcLPkF6

【応募締切】2022年5月28日(土)

 



 

 

 

『流浪の月』5/13(金)全国ロードショー

【脚本・監督】李相日
【原作】凪良ゆう 「 流浪の月 」( 東京創元社 刊)
【出演】広瀬すず 、 松坂桃李
横浜流星、多部未華子
趣里 、 三浦貴大 、 白鳥玉季 、 増田光桜 、 内田也哉子 / 柄本明
【上映劇場】TOHOシネマズ天神、TOHOシネマズららぽーと福岡 ほか

©2022 「流浪の月」製作委員会