シアタービューフクオカのコラムで誌上最長連載を誇るヨーロッパ企画・永野宗典氏。
ゲストを迎えての対談形式コラム。
webでもダブル掲載!本誌と併せてお楽しみください!


限られた字数制限の中、所狭しとお送りするショートショート対談。今回のお相手は、ダンスカンパニー男肉 du Soleilを率いる団長・池浦さだ夢さんと!

IMGR0051

今回のゲスト:池浦さだ夢
大阪府出身。脚本・演出・振付・ダンサー・俳優。男肉 du Soleil の活動の他に、NHKドラマ「マッサン」出演、 テレビドラマの脚本、LOVE FM「こちらヨーロッパ企画福岡支部」の構成等、多岐に渡る。

永野
(以下 ) 男肉 du Soleil(以下、男肉)やってなかったら、何してた?
池浦(以下 ) 大学の時にこの世界で生きるんや!って何の覚悟も確約も無く決めたんですよ。その時はダンス留学しようと思ってましたね。
 ダンサーになろうと思ったの?
 振付家ですかねえ。もちろんダンサーもですけど。でも芝居もやってましたし結構ボーダレスな感じです。
 池浦青年をそこまでダンスに夢中にさせるきっかけってなんだったの?
 新入生歓迎公演でダンスを観て、それがもうびっくりして。
 それまでダンスに対する興味は?
 一切ないですよ。僕、大学入るまで演劇もダンスも一切興味なかったですから。芸人になりたかったんですもん。ストリートダンスとかバレエとかは知ってましたけど、いわゆるコンテンポラリーダンスだったんで。でもそのわけわからなさが、刺激的やったんですよ。
 まだブレイクダンスとかはかっこいい!とかわかるけど、コンテンポラリーって、見方とか解釈がわからないんだよね…。
池 情報が抽象化されてるんですよね。でも勝手にこっちで考える余地があるというか。ストリートダンスは技術を見るものなんです。バレエは極端に言うとマイムというか、物語なんですよね。振り付けに全部意味があるから。コンテンポラリーは下品なぐらい何でもありだから。そこに技術を乗せるもよし笑いを乗せるもよし。その器のでかさに痺れましたねえ。
 コンテンポラリーダンスを初めて見た時、表現の果てしない自由さに驚いたというか、いかに自分らの劇が言葉でイメージを制限していってるかがわかったというか。普通の劇みた時より脳がすごい疲れた(笑)。
 イメージを展開させまくって頭を使いまくったからでしょうね。
 芸人目指してたって言ってたけど、「笑い」の表現方法としてのダンスだったの?
 「笑い」ではなかったです。ただ、動けないし太ってるこの体は武器になるなあって思いましたねえ。
 動けないのをダンス界で武器にしようってのは大胆な発想だね(笑)。
 何かダンスって身体を見せるものだなってのがあったんで。
 なるほど。動く動けない云々じゃなくね。今回男肉に参加してダンスするにあたって、動きの「キレ」や「リズム感」に自信がなくて、正直、やばいぞ…って思ってたんだけど、テクニックとか見栄えの良さばかりが、ダンスじゃないって考え方があるってこと?
 技術や身体能力もダンスの大切な要素ですけど、舞台の上でそのダンサーが生きている、必死に突っ立てているか、ってのが大切なんです。音に乗るとか、身体が動くとかはあくまでそれがあってのことですから。
 芝居も一緒かもね。「ダンスの動き」イコール「セリフ」みたいな感じで思っといたらいいかな?
「運動言語」「身体言語」って言葉があるぐらいですからねえ。口から音声で出すか、身体で出すかの違いですよね、情報を。なので怖がらずに踊ってください。とりあえず『鉄球』で。
 男肉を観たことなくて、怖いとか思ってる人、まあまあいると思うんだけど。僕がそうだったし(笑)。
 男肉も、ダンスやヒップホップとか全部に言えることは、ただ、胡散臭いんです。だからなんとなく敬遠されちゃうんですよねえ。
 今回『鉄球』の稽古場で、テーマとして「根源的な祭」ってのが出てきたと思うけど。何でそこに行き着いたのかな?
 何か祝祭感あるじゃないですか、うち。ダンス連打で高揚しつつも果てていく身体と、死んで生き返るラストとか。そこを突き詰めると、やっぱもう原始的なお祭りというか儀式というか。もっともっと明白にしよう!って思ったんです。
 …郷ひろみの歌で踊って?(笑)
 あんなお祭り野郎いないですよ。
 結構、ダンスの概念というか、すごい根っこの部分語ったと思うけど、まさか郷ひろみに行き着くとは誰も想像してないだろうな(笑)。
 楽しみにしててもらいたいですねえ。男肉×永野×郷を。

●永野宗典(ながの むねのり)/’78年生まれ、宮崎県出身。’98年、上田誠らと共にヨーロッパ企画の旗揚げに参加。以降、全作品に出演。
information  永野宗典 出演情報/大長編男肉 du Soleil「鉄球」福岡公演6/6(土)・7(日)
@ぽんプラザホール 問/スリーオクロック