シアタービューフクオカで絶賛連載中「舌の根も乾かぬうちに…」福岡県出身、TVや映画等で活躍中の俳優・野間口徹さんのコラムweb連動スタート!本誌と併せてお楽しみください。

nomaguchi

eps.9
眠りが浅いです。とても。我が子の寝返りの音で起きてしまう程ですから、かなりのものだと思います。そのせいか、夢をよく見ます。
もちろん良い夢ばかりじゃありません。いや、殆どが嫌な夢だと言っても良いでしょう。まず役者には共通の夢と言えるのがこれ「セリフを覚えてない状態で舞台に上がる」これはもう何度 見たか分かりません。必死でアドリブで対応しようとして上手くいかない時。泣きながら出たくないと叫び続ける時。成功するバージョンは皆無です。その度に全身ビッショリで目覚めます。これを見た日は一日中鬱々とした気分になるので、避けたい夢ナンバーワンと言えるでしょう。
幼い頃から継続的に見続けている夢で、最近頻繁に見るのもあります。「砂漠のような場所に立っていて、とても透き通っている高い青空から、砂時計のように砂がサラサラと地面に落ちてゆく」というもの。情景だけ考えると、やけに文学的で芸術的にも感じられるのですが、これを見た時の心拍数の上がり方は異常なのです。で、全然そういうの信じないんですけど、調べてみました。夢診断。ワードは砂と空。

「砂」…小さな心配事や悩みが沢山ある。
「砂漠」…困難な状況にいる。今後苦しい立場になる。努力が報われず期待外れの結果に終わる。
「空から何か降る」…理由も分からず突然不吉な考えが浮かんだり抑うつ的な気持ちになる。魂の実像。無目的な状態。

ちょっと…ネガティブなワードしか出てきてないじゃないか!いや、こういうの信じませんよ!信じませんけどね!調べなきゃよかったとは思ってますよ!だって総合すると「困難な状況にいて悩んでいて不吉な考えを抱いてる」って事でしょ!?そんなもん心当たりがありませんもん!ありませ…ん?アレ…か…?いやいや…アレは希望しかないはずだし…。と、ここまで書いた時点で、数日前の妻の言葉を思い出しました。とても安らかな寝顔で「お祈りして」と、何度も言っていたと。これだ!お祈りならきっとプラスの要素に違いない!しかも安らかな顔なら尚更でしょう!早速検索!

「祈り」…何か実現が遠い事を頼んでいる。
残念過ぎる!信じない!こうなったら最近見た夢のキーワードを片っ端から検索だ!

「長い階段を降りる」…心身共に疲れてる。
「ゾンビに襲われる」…ストレスの蓄積。
「島」…見解の狭さ。「赤ちゃん」…無力感。甘えたい気持ち。「クジラ」…人生の山場が過ぎ去る。

もういいよ!落ち込むだけだわ!やはりアレの影響だ!親族代表ライブの客席が埋まらないかもしれないという不安のせいだ!福岡県及び近県の方々、この不安を拭い去って欲しい!お願いします!最後にもう一つ検索!

「大洋」…吉夢。壮大なエネルギー。

あれ…?あら…そう…?えへへ…嬉しい。

のまぐちとおる/1973年生まれ、福岡出身。俳優。コントユニット「親族代表」と、劇団「ピチチ5」に所属。10月スタート「平成舞祭組男」(日本テレビ、FBS福岡放送 他)芹沢公彦役、映画「ホットロード」(公開中)に出演。 来年1月には「親族代表」ツアー公演 (東京・福岡・広島・大阪)を予定。