シアタービューフクオカのコラムで誌上最長連載を誇るヨーロッパ企画・永野宗典氏。
ゲストを迎えての対談形式コラム。
webでもダブル掲載!本誌と併せてお楽しみください!


限られた字数制限の中、所狭しとお送りするショートショート対談。福岡を拠点に活動する若手人気劇団、万能グローブガラパゴスダイナモスの俳優・松野尾亮さん!

matsunoo10

今回のゲスト:松野尾亮

福岡市出身。万能グローブガラパゴスダイナモス(略して、ガラパ)に旗揚げより役者としてほぼ全ての作品に出演。自らの作・演出『おわせてくれよ!』が九州戯曲賞最終選考にノミネート。

永野(以下)  景気いいんですって?
松野尾(以下) あ、いきなりそんな感じで始まるんですか(笑)。まあ、しばらくガラパの公演ツアーがあったり、合間に客演したりバタバタしてました。今年は2015年の10周年記念公演に向けてガラパで4本再演をやるのでまた忙しくなるんですが。
 はあ~もう10周年なんだ~。じゃあ、この対談、ちょっとフライングしちゃったね。10周年おめでとう!っていう切り口で行きたかったけども。
じゃあ来年もう一回お願いします(笑)。ガラパとヨーロッパ企画も出会って10年とかになりますよ。
 そうでしたか。演劇始めたのはいつからだっけ?
高校の演劇部からなので15歳とかですかね。大濠高校の演劇部だったんですけど、入学してすぐの部活動紹介で当時の部長だった椎木(ガラパの現・座長)が「演劇部はモテるぞ!」って言って勧誘してまして。
へ~。で、モテた?
モテましたね。
嘘だあ!じゃあモテたくて演劇始めたんだ?っていうか、モテる劇ってどんなのよ?教えてよ〜。
とにかくエンタメでしたねー。笑いをとってなんぼみたいな感じの。演劇部の先輩に劇団☆新感線のいのうえひでのりさんやギンギラ太陽’sの大塚ムネトさんがいたりしたので、その辺の系譜ですかねえ。永野さんはどんな感じだったんですか?
いや、僕も劇団新感線の古田さんに憧れて高校演劇部に入ったから、ちょっとカブってるねー。
そうだったんですね!意外だなあ。
でも、僕の場合はモテたくて始めた訳じゃないけどねえ。
演劇って特にモテるイメージないですもんね。
でも、モテたんでしょー?どんだけイケてたのよ。10年前と今、どっちがモテてた?
まあ、10年前ですね(笑)。
別にモテてなかったんじゃない?勘違いとかじゃない?記憶って時に嘘をつくよ。
なんで否定したがるんですか(笑)。そこはやっぱり新感線のDNAを受け継いでますから。
でもさあ、10年前にモテたくて始めて、今はモテてないんでしょ?演劇に対するモチベーションはどうなってんの?
いや、10年間モチベーション一緒じゃないですから(笑)。
ほう。モテ乞食としてずっと行ってる訳ではないと?
だとしたら10年もってないですね。ガラパ始めてヨーロッパ企画と出会ってからはやっぱりいろいろ変わりましたね。
へえ~。どういう影響があったのかな?
この人達楽しそう!って。いや、なんか輝いてるなあと思ったんですよ。
おっと。「輝いてる」か…抽象的だけど、嬉しいね。実際はだいぶ地味だけどね。まあ、楽しそうってのは大事なのかもねー。ある種、「楽しそうっ!」っていう方向でガラパにはモテたんかな?
モテに執着してますね(笑)。
君らと違ってモテ損ねてるからね。ちなみに、10年前描いていた自分の理想に今、なれていますか?
うわー、その質問きっついですね。あの頃の理想とは全然違うけど、こっちの方が楽しいよって言ってあげたいですね。
あの頃の理想って、どんなん?
予定ではもうバンバンテレビとかプロデュース公演とか出ててパパラッチ警戒してるはずでしたから(笑)。
ヨーロッパ企画と出会ってしまったばかりに!
ほんとや!
自分たちで楽しんでるうちに、気付いたら10年経っちゃって。
モテる方向で軌道修正してみようかな…。
全員、整形したら?
10周年で、一斉に整形して(笑)、
テニスのミュージカルやったらいいよ。
その時は客演してください。
整形して出なきゃいけない?
プチでいいので。
いやガチで行くわ。

●永野宗典(ながの むねのり)/’78年生まれ、宮崎県出身。’98年、上田誠らと共にヨーロッパ企画の旗揚げに参加。以降、全作品に出演。
information  2014年3/29(土)20:00~(時代劇専門チャンネルにて)ドラマ「天才脚本家梶原金八」に出演。