大人にならない永遠の少年「ピーター・パン」は

どうして生まれたのか?

2004年に米国で出版、日本でも『ピーターと星の守護団』として知られている小説を基に劇作家リック・エリスが戯曲化した作品。どうして大人にならない永遠の少年「ピーター・パン」になったかが描かれ、誰しもが、一度は小説を読んで疑問に思ったことの答えが発見できるストーリーに。ブロードウェイのヒット作を、ノゾエ征爾が演出を手掛け、今回、日本初演をむかえる。

【北九州芸術劇場〈中劇場〉】
★11月1日(日)発売
■2021年1月24日(日) 13:00
■作/リック・エリス ■演出/ノゾエ征爾
■出演/入野自由、豊原江理佳、宮崎吐夢、櫻井章喜 ほか
■料金/一般4,500円、子ども1,500円(小~中学生)(全席指定)
■問合せ/北九州芸術劇場 TEL:093-562-2655 ※未就学児入場不可