大ヒット公開中の映画『PRINCE OF LEGEND』……「ある日突然、目の前に白馬に乗った王子が現れ、自分と恋に落ちたら—」そんな“女の子”として生まれたすべての女子たちの”シンデレラ願望”を叶える、
刺激的かつ極上のプロジェクトが誕生!

キャストは、今年、自身初の単独ドームツアーを成功させるなど、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのGENERATIONS from EXILE TRIBEより、片寄涼太、佐野玲於、関口メンディー。劇団EXILEより、映画・TVドラマをはじめ出演作が相次ぐ鈴木伸之、町田啓太。昨年のメジャーデビュー以降、人気実力ともに急上昇中のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEより、川村壱馬、吉野北人、藤原樹、長谷川慎。その他、モデルとして活躍中の飯島寛騎、塩野瑛久、清原翔、遠藤史也、こだまたいち らが集結!この作品でしか観ることのできない「圧倒的王子感」を持つ出演者たちが集結しました。

本作に【チーム京極兄弟】の兄・京極尊人として出演中の鈴木伸之が天神コア presents 映画『PRINCE OF LEGEND』公開記念スペシャルトークショーに登場!応募総数11,000件以上から当選確率約18倍という超難関を突破した約600名が集まって歓声の渦を巻き起こした。

鈴木伸之:みなさんこんにちは!好きな言葉は「ばり好いとうよ!」。鈴木伸之です!

◆福岡はいかがですか?

鈴木伸之:ホントに福岡大好きなんですよ。ご飯も美味しいし、人も温かいですし、ずっとここにいたいですね。今日、鰻を食べさせていただいて、すっごいふわふわで美味しかったです。今日は福岡のみなさんと直接お話ができるのでこういう機会をいただいてうれしいです。

◆すでに映画は公開されていますが、鈴木さんに届いている感想で印象に残っていることはありますか?

鈴木伸之:ネタバレになるので詳しくは話できませんが。。。ホントに面白かったと言って頂いくことが多いですね。友達も直接僕に連絡をくれて、「王子のやつ観たよ。特にメンディーさんが面白かった」と言ってました(笑)。

◆テレビドラマからずっと演じられてこられていますが、映画だからこその面白さはどんなところでしょう?

鈴木伸之:今回はカメラ目線のお芝居が多くて、相手の女性の顔の横にカメラを付けて、そこに向かってお芝居をする機会が多かったので、観てくださるみなさんは自分に言われているような感じで映画が楽しめるという新しい試みもやっていますので、ぜひ劇場でキュンキュンして欲しいなと思います。

◆弟の京極竜役の川村壱馬さんとは、撮影の前と後で関係性が変化した部分はありましたか?

鈴木伸之:撮影に入る前は一度も食事に行ったこともなければ、話したこともなかったんですよ。今回の「PRINCE OF LEGEND」を機に、仲良くなって、今では一緒にオンラインでゲームをやったり、ご飯も食べに行きますし、すごく仲がいいですね。ほぼ毎日LINEでやりとりしてます(笑)。

◆王子たちとの仲では特に弟さんとの仲がいいんですね?

鈴木伸之:そうですね。僕はチーム京極兄弟でやらせて頂いたので、壱馬は一番仲良くさせてもらいましたし、一番一緒にいる時間が多かったので、今でも公私ともに仲良くさせてもらっていますね。僕は本当は3人兄弟で兄貴が2人いるんですよ。だから兄貴の立場になったことがないんです。ただ壱馬がいてくれたので、映画の中ではありますが、兄貴になった気持ちになりました。だから壱馬は可愛いですよ。

◆今回の登場人物の中で、好きな王子を選んで頂くとすると、誰ですか?

鈴木伸之:やっぱりメンディーさんじゃないですか。こんな表情。。。(笑)他の王子と全然違いますからね。映画の中でも王子選手権というのがあるのですが、そこでそれぞれが女性に対して壁ドンをするんです。そこでみんなはキュンキュンするような台詞を言うんですけど、彼だけはちょっと違ってますから(笑)狙っているゾーンが他の人と違うんじゃないの?ってなっててすごく面白いですね。ホントにみんなに観て欲しいですね。そのシーンはもう何度も真似してます。

◆この出演者の中で、役柄ではなく、素顔が王子っぽい人ベスト3を教えてください!

鈴木伸之:3位は町田啓太くんかな。町田くんは映画の中でも面白い役どころなんですが、チーム先生ってなってますが、メンバーが1人しかいないんですよ。そこも面白いですが、顔も整っているしルックスもいいし、高身長ですし、カッコいいなと思います。2位は北ちゃん(吉野北人)。すごい甘い表情でこの映画にマッチしているというか、これから期待大な感じがしますね。素の状態でも可愛らしい部分もあって素敵ですね。そして1位はやっぱり片寄涼太くんですね。この映画は片寄くんがいてくれたことで出来上がった作品と言っても過言ではないと思います。現場もすごく引っ張ってくれていましたし。ビジュアルも王子っぽいですが、朝、楽屋とかで会った時の「おはよう」って言ってくれるそれが、もう王子ですね(笑)後ろから後光が差しているのが伝わってくるくらい王子度が高いなと感じます。

◆撮影中に見つけたキャストの意外な部分は?

鈴木伸之:壱馬が、朝会うと「兄貴~」って言いながらとりあえず抱きついてくるんですよ。それが撮影が終わって取材の時でもいつでも。めちゃくちゃ可愛くて。それが僕の癒しになってますね(笑)。佐野玲於は、後輩の面倒見がスゴく良いです。全体を見てくれている感じもあって、色々やって頂いたなという感じはありますね。あとメンディーさんがこのカツラがめっちゃ似合うってとこかな。これ付けるとすごく可愛いんですよ。マスコットキャラクターみたいで(笑)。

◆鈴木さんがチーム京極兄弟以外で、演じるとしたらどの王子がいいですか?

鈴木伸之:片寄涼太くんの役ですね。一番、王道な王子ですよね。僕自身、何でも王道が好きなので、やってみたいですね。
あとは、「チーム京極兄弟」でまた別の映画を1本撮ってみたいですね。そして台詞も博多弁にして天神のど真ん中で撮影したいですね(笑)

◆鈴木さんが考える王子の条件とは?

鈴木伸之:やはり女性に優しいことですね。それは王子の必須条件ですよね。僕は普段優しいですよ(笑)。

◆完成披露の時に、ライブをやったり、プライベートジェットで登場したり、東京ガールズコレクションに出演されたり、話題がいっぱいでしたが、このプロモーションで印象に残っていることは?

鈴木伸之:プライベートジェットはスゴかったです。人生でまさかプライベートジェットに乗れる機会が訪れるとは思ってもみなかったので。椅子がすごい動くんですよ。みんなでシャンパン飲んだりして。。。どこのセレブなんだ!と思ってました(笑)。自分のことを俯瞰でみてちょっと面白くなってましたね。あとは横浜アリーナで2日間ライブをやらせて頂いたんですが、そこで初めて歌も歌わせていただいて、テーマ曲を壱馬と一緒に歌わせてもらえたのが、僕自身としても良い経験をさせて頂いたと思っています。

◆映画をやったことで自分自身で開けたなと思えたことは?

鈴木伸之:ここまで明るいキャラクターをこれまでに演じたことがなかったので、自分の中でも一皮むけたような気持ちになりました。

この後、会場の質問に鈴木伸之が丁寧に答えて行き、会場は大盛り上がり!

最後に自らで会場のみんなと撮影をしてイベントは終了。

◆最後に一言お願いします!

鈴木伸之:寒い中集まっていただいて、ありがとうございました。みなさんのパワーをいただきましたし、映画も引き続き公開されていますので、プリンスのメンバー内で、色んな劇場に行って映画を観ようという案も出ているので、もしかしたら劇場に僕らがいるかもしれませんので、2回3回と足を運んでいただけたらうれしいです。僕もまたこういうイベントが出来るように一所懸命頑張りますので、これからもよろしくお願いします!

 

 

 

大ヒット公開中!

【監督】守屋健太郎
【脚本】松田裕子
【出演】
【チーム奏】片寄涼太・飯島寛騎・塩野瑛久
【チーム京極兄弟】鈴木伸之・川村壱馬
【チーム生徒会】佐野玲於・関口メンディー
【チームネクスト】吉野北人・藤原樹・長谷川慎
【チーム先生】町田啓太
【チーム3B】清原翔・遠藤史也・こだまたいち
【チーム理事長】加藤諒・大和孔太
白石聖

http://prince-of-legend.jp/

Ⓒ2019「PRINCE OF LEGEND」製作委員会