25歳の若さでこの世を去った音楽界のレジェンド<2PAC>真実の物語。
彼の死は、今なお謎に包まれ、彼の詩は、今なお世界を変え続けている。

1996年9月、凶弾に倒れ25歳の若さでこの世を去りながらも、未だ影響力を持つ伝説的ラッパー「2PAC(トゥパック)」。彼はブラック・パンサー党員の母を持ち、黒人への差別に対する怒りを思うままにラップで表現した。アルバム総売上枚数は7,500万枚を超え、今も未発表曲でアルバムが幾つもリリースされ、全てが大ヒット。エミネム、スヌープ・ドッグ、ドクター・ドレーが惜しみないリスペクトをし続けるなど、その人気は衰えを知らない。本作は2PACの成功への道のり、仲間との別れ・裏切り、カリスマ性と名声の代償、東西海岸抗争、そして自身の被弾といった、センセーショナルなゴシップにあふれた人生の真実が描かれる。2PACを演じるのは、新人のディミートリアス・シップ・ジュニア。そのほか、ノトーリアスB.I.G.役のジャマール・ウーラード、ドクター・ドレー役のハロルド・ハウス・ムーアなどが出演。

《STORY》
ニューヨークのスラムで生まれ育った2PAC。ブラック・パンサー党員の母に連れられ住まいを転々とし、17歳の時カリフォルニアに移り住む。その頃、母親はドラッグ中毒で家庭は酷い有様と化していた。そんな彼はラッパーとなる夢を追い続け、2PACの名でソロデビューを果たし、着々とその名を上げていく。だがある日、レコーディングに訪れていたスタジオで強盗に襲われ被弾。一命を取り留めた2PACは、この事件を仕組んだのは、同じスタジオにいたショーン“パフィ”コムズとノトーリアスB.I.G.だと思い込む。西海岸のDeathRowレコードに所属する2PACは、東海岸のBadBoyレコードのパフィやビギーを事あるごとに非難し、ヒップホップ界史上最悪の東西抗争が幕を開けてしまう。そして、遂に、96年9月7日ラスベガスで2PACは銃撃され、その6日後、9月13日に25歳の若さで人生の幕を閉じる事となる。

 

【 PRESENT 】
公開を記念して、シアタービューフクオカの読者に、「ムビチケ(劇場鑑賞券)」を1組2名様にプレゼントいたします。下記の必要事項をお書き添えの上ご応募ください!

★『オール・アイズ・オン・ミー』ムビチケ(劇場鑑賞券)1組2名様 ★

※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

★応募方法

ご応募はこちらから↓

https://goo.gl/forms/m3FCG2IhyGpJh4Nt1

【応募締切2017年12月29日(金)】

12/29(金)T・ジョイ博多にてロードショー

【監督】ベニー・ブーム
【出演】ディミートリアス・シップ・ジュニア、ジャマール・ウーラード、ダナイ・グリラ、カット・グレアム、ドミニク・サンタナ、ハロルド・ハウス・ムーア

http://alleyezonme.jp/

Ⓒ2017 Morgan Creek Productions, Inc.