tnfweb_otona
「劇場へ行こう!」
福岡で文化を楽しむ〜大人の文化祭vol.00

博多座とシアタービューフクオカが主催で、「大人の文化祭」というイベントをスタートさせることになりました!
様々な、文化芸術、エンターテイメントに直に触れて、感性を得る楽しみを体感しよう!というものです。
そこで、まずは序章として、各界から超がつくヒットメーカーをお招きし、トークイベントを開催します。

 

「劇場へ行こう!」
福岡で文化を楽しむ〜大人の文化祭vol.00

「福岡には文化が足りない」と、文化やエンターテイメントに興味のある人は口にします。「足りないのなら、増やそう」、そんな思いから、この新たなイベントを立ち上げました。美味しい食事も、おしゃれも楽しいことですが、泣いたり笑ったり、ドキドキしたり感動したり、心が動く瞬間もまた、おもしろく楽しい。その“心を動かす”ための「大人の文化祭」です。“文化”というと、取っ付きにくいかも知れません。でも学校の文化祭は、人がたくさん集まり、出し物や展覧会、映画制作に歌ったり踊ったり。心躍るお祭りです。

そして何よりも、福岡の劇場である「博多座」に来ていただき、劇場という空間を体験して欲しい。「劇場という空間を、知っているのと知らないのでは人生の豊かさが違う」のです。さあ、まずは一歩、劇場へ足を踏み入れてみてください。いつもとは違う“何か”が待っています。

 

演劇界、映画界から“超”がつくヒットメーカーが登場!!

今回の「大人の文化祭」をvol.00としたのは、演劇や映画の作り手の話を聞くことで簡単に劇場デビューしよう!ということ。作り手も自分の作品以外では観客です。観客目線での話、観劇の達人だからこそ話せるモノづくりのこと、そしてその裏話まで!?どんな話が飛び出すのかは、当日のお楽しみです。

vol.00でお迎えするのは、公演チケットは入手困難、アイドルからベテランまで俳優ならば一度は出演したいという声が絶えない「劇団☆新感線」の主宰、福岡出身のいのうえひでのり氏そのいのうえ氏が全幅の信頼を寄せ、演劇界、映画界、音楽界など多方面から引く手あまたの映像作家・上田大樹氏。演劇と映像という別ジャンル見えるものが、いかに融合されているのか!実際の舞台映像を交えて演劇と映像の「今」をお話しいただきます。

さらに映画界からは『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』そして11月29日公開の『寄生獣』などを企画・プロデュースし、『世界から猫が消えたなら』『億男』など小説家としても活躍する川村元気氏も参戦し、演劇や映画、そして劇場の魅力について大いに語ってもらいます。

【公演概要】

■タイトル/「劇場へ行こう」~大人の文化祭vol.
■日時/2014年11月30日(日) 13:00~16:00
※開場12:00
※開演前にゲスト関連映像の上映あり
■会場/博多座
■料金/2,000円(全席指定・税込)
■出演者/
いのうえひでのり氏(劇団☆新感線 主宰・演出家/福岡出身)
上田大樹氏(映像作家)
川村元気氏(映画プロデューサー・作家)

タイムスケジュール=======

【CHAPTER.01】 トークテーマ「演劇と映像」13:00〜14:00
いのうえひでのり×上田大樹

【CHAPTER.02】 トークセッション   14:10〜15:10
いのうえひでのり×上田大樹×川村元気

【CHAPTER.03】限定30名  15:30〜16:00
博多座 バックステージツアー

★チケット購入方法★11月5日(水)
10:00よりチケット発売開始!

【チケット販売について】

◎博多座(インターネット販売のみ)
PC・スマホから http://hakataza.e-tix.jp/pc/hakataza.html
携帯電話から http://hakataza.e-tix.jp/mb/index.php

※博多座電話予約センター、チケット売場での取り扱いはございません。
※当日券のみ博多座チケット売場で販売いたします。

◎チケットぴあ

■インターネット販売 http://t2.pia.jp/kyushu/

■「博多座会」専用ダイヤル 092-708-9595(オペレーター対応)

■通常ダイヤル 0570-02-9999 《Pコード 627-983