シアタービューフクオカのコラムで誌上最長連載を誇るヨーロッパ企画・永野宗典氏。
ゲストを迎えての対談形式コラム。
webでもダブル掲載!本誌と併せてお楽しみください!


限られた字数制限の中、所狭しとお送りするショートショート対談。今回のお相手は、ヨーロッパ企画本公演に2度目の出演していただく金丸慎太郎くんと!

今回のゲスト:金丸慎太郎
愛媛県出身。1988年生まれ27歳。ヨーロッパ企画『ビルのゲーツ』、園子温監督『ラブ&ピース』、KOOL(タバコ)広告など、舞台・映画問わず多岐に渡り活動。

永野(以下 ) 今回、『来てけつかるべき新世界』に出演するにあたって、オファー来る以前から、他の役者仕事断って夏~秋のスケジュール空けて待ってたっていうのは本当?
金丸(以下、) 本当です。
 賭けに出たってこと?
 関西弁使うお芝居とは聞いてたので、これはあり得るぞ…と思って賭けに出ました!
 なるほどねえ…。もし賭けに負けてたら、この夏~秋はどう過ごすつもりやった?
 本当に予定ガラ空きになって、時間持て余し野郎になるとこでした。なので出演オファー戴いた時は、ぶっ飛ぶほど嬉しかったです!
 大穴当てた的な快感?
 オファーの電話を受けた時、マクドナルドに1人で居たんですけど、周りを気にせず吠えました。
 (笑)。吠えたって、どんな?
 まさに「うおおおおおおお!」です(笑)。あと「マジすか!!!!マジすか!!!!」って連呼してました。今考えるとすげぇ頭悪そうな奴です。語彙力少ない。
 まんまと僕ら、オファーしちゃった訳なんやけど(笑)。なにが、金丸をそこまでさせた?『ビルのゲーツ』(2014年)以前~以降と、金丸慎太郎の演劇観に何か大きな変化があった?
 はい、もう本当それに尽きます。初めてがっつりコメディ作品に参加して、お客さんのリアクションを各都市で体感して、それこそツアー中ずっと「うおおおおおおおおお」って感覚で。なんで今までコメディやってなかったんやろ、って感じです。
 コメディにヤラれたと。それまで演劇をやる上で笑いをとるってことに興味はあった?
 普通の会話劇とか出て、ちょっとユーモア挟むシーンとかで、しっかり狙い通り当てるのは、結構むずいなあ、とは昔から思ってました。
 っていうか、そもそも僕らも、学生の頃とかはそんな感じだったかも。笑いの正攻法も知らず、とりあえず、芸人さんのモノマネ的なことをしたり、あざとく、変な顔、声したり、(笑)そんなとこでウロウロしてるところで、上田くんに出会うっていう(笑)。
 なるほど~。奇跡の邂逅。
 ところで、金丸は何者?
  何者? 俳優ですよ!(笑)
 出処不明やなっていう。平井堅似の、ヤカラかなって思ってるけど。
 ヤカラではないです(笑)。
 Facebook上に同姓同名が9人おるし、ちょっと素性がわかりづらいなあと思って。なんで演劇を?
 まず高2の時に学祭で作・演出でコントやって、それが楽しくて。地元の愛媛の大学に進学予定やったけど東京行ってなんかやりたいってなって。
 その時点で、芸人目指すというよりは、俳優だった?
 芸人さん目指すほどおもろくはないぞ、ってなりました(汗)。それなら俳優とか、かなあ、みたいな。
 っていうか、僕もそんなんやったわ…。なおかつ、東京に行く勇気がない方の(笑)。劇団作ってたんだっけね?
 「贅沢な妥協策」っていう名前の劇団で、覚えてもらいづらいっていう。
 (笑)。世に羽ばたくイメージ湧かない劇団名やなあ。
 主宰してました(笑)。自分の団体やってた時期は変なトガり方しまくってました。ある劇場で学生芸術祭の長編部門に何故か選出してもらえて、佳作だったんですけど、全然満足できず、その場で賞状破る、という愚挙に出たり。今となっては…とても反省していますし、恥じています。
 トガってるねえ。ここのところ、当時のようなカミソリ野郎はすっかり身を潜めてない?
 もちろんですよ!ただただ無礼なだけですし!(笑)
 「野犬・金丸慎太郎」見てみたいけどねえ。
 もう現れないですし、現れて欲しくもないです(笑)
 あら?『来てけつかるべき新世界』で見たいけどねえ。
 実直に前回以上のパフォーマンスを目指します。野犬もどこかで漏れ出れば!(笑)
 マクドナルド以外で、吠える姿、期待してます。

●永野宗典(ながの むねのり)/’78年生まれ、宮崎県出身。’98年、上田誠らと共にヨーロッパ企画の旗揚げに参加。以降、全作品に出演。
information ヨーロッパ企画新作本公演『来てけつかるべき新世界』福岡公演 10/1(土)、10/2(日)@西鉄ホール

◎シアタービューフクオカ vol.62掲載(2016.9発行)