シアタービューフクオカで絶賛連載中「舌の根も乾かぬうちに…」福岡県出身、TVや映画等で活躍中の俳優・野間口徹さんのコラム。本誌と併せてお楽しみください!

nomaguchi

eps.14

ただ今KERA・MAP『グッドバイ』猛稽古中です。ほんっっっと久しぶりのKERAさんの演出。親族代表にコントを書き下ろして頂いてはいるものの、直接演出を受けるのは2004年の『狐狸狐狸ばなし』以来。あれから11年も経ってしまっているのか、という驚き。

以前にも書いたかも知れませんが、僕が芝居を好きになったきっかけは、ナイロン100℃であり、KERAさんなワケです。色んな芝居を観に行ってはいましたが、中でもドンピシャだったのが、ナイロン100℃だったのです。

先輩に誘われてコントを始め、親族代表に誘われ、劇団も共同運営するようになった矢先に、ラフカットというオーディション形式の舞台に、KERAさんが書き下ろし、演出もするという「何これ!俺得!」みたいな情報をキャッチしました。急いで履歴書を買いに行った記憶があります。その頃の僕の最優先事項だったんですね。ラフカットの為に、他の企画を休みにしてもらいましたから。

その後、無事に合格、出演となったのですが、今では苦しい事の多い稽古の毎日すら、当時は楽しくって仕方がない。全てが新鮮、全てが衝撃の連続でした。そして最大の衝撃がやってきます。千秋楽だったかな?KERAさんから「今度マネジメント事務所を作るんだけど来る?」と声をかけて頂いたのです。何の後ろ盾も無い小劇場の人間にとって、事務所に所属できるかどうかっていうのは第一関門のようなもの。もちろん二つ返事でお願いしました。

翌年、KERA・MAP#001『暗い冒険』で再びご一緒させてもらったのですが、実はその間、新しく事務所に所属した役者の中で、僕だけが仕事が全く無かったのです。まー笑えなくなるくらいオーディションに合格しない。皆無。ゼロ。これは本格的に役者は向いてないぞ、辞めた方が良いのではないかと考えてしまう程に。そんなある時、KERAさんから「オーディションで笑わせようとしてる?笑わせないようにしてみ?」とアドバイスを頂いたのです。それで実践してみたら、嘘のような本当の話ですが、その次のオーディションで仕事が決まったのです。もう分かるでしょ?尊敬。リスペクト。若かったら「ネ申」とか言ってますよ、KERAさんのこと。

そんな経緯があっての11年。僕はなんとかこの仕事で食べられるようになり、結婚し、子供も産まれ、自分でも考えられないほど順風満帆の人生を送っております。それもこれもKERAさんのお陰です。

そろそろお気付きでしょうが今回は、周りが気持ち悪く思う程の、僕のKERAさんに対する偏愛を、主なエピソードを抜粋してお話させて頂いております。もちろんこれ以外にも、まだまだ沢山あるんですが、それは僕の心の中に仕舞っておきたいと思います。

僕の一方的な偏愛が届いているかどうかは、是非とも舞台をご覧になって、確認してください。

のまぐちとおる/1973年生まれ、福岡出身。俳優。映画「日本のいちばん長い日」(上映中)、ドラマ 毎週木曜放送「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)、10月放送予定「洞窟おじさん 完全版」(NHK BSプレミアム)、舞台KERA・MAP#6「グッドバイ」9月12日から世田谷パブリックシアターにてスタート。九州地方では10月3・4日、北九州芸術劇場 中劇場にて。