舞台をはじめTVドラマ等でも活躍中の女優・池谷のぶえさんのコラム。本誌と併せてお楽しみください!

vol.21

劇団☆新感線の高田聖子さん率いるユニット、月影番外地その6『あれよとサニーは死んだのさ』の公演を終えたばかりで、このコラムをしたためております。
昨年、立て続けに膝を壊してしまい、培養細胞などを注入しつつ夏までの公演はしのいできましたが、いつまでもそんなものに頼っていては永遠に頼ることになってしまう。今回は行けるところまで行ってみようと、あえて何も治療はほどこさず膝と向き合ってみました。結果、何ごともなく無事に幕を下ろせたことを本当にうれしく思います。膝が相手役のような気持ちですよ。よくがんばってくれた。膝だけ降板とかなったら、じゃあ膝から上はどうしてくれるのかって話ですし、ギャラだって上半身分しか支払われないかもしれません。まあ、これからもどうなってしまうのかわからないドキドキは続くのでしょうけれど、このドキドキを吊り橋効果のように勘違いして、膝に恋などしないようにだけ気をつけて2019年を終えようと思います。

って、このコラムが読まれる頃は、2020年になっているかもしれませんね。そうでしたら、あけましておめでとうございます。お餅何個食べました?お餅何個見ましたか?お餅と何度口にしましたか?お餅とどこへ行きましたか?お餅それはもち米をつぶしたものですか? みなさんが大好きなお餅に想いを馳せてみましたが、私はあまりお餅に興味がないので浅い馳せ方でごめんなさい。だってお餅って、一個食べたらわりとお腹が満たされてしまうじゃないですか。なるべくいろんなものを食べたいのですよ、お正月なんて特に。ただでさえ、一日の摂取カロリーを抑えていかないととんでもないことになるお年頃、お餅だけに私の一日を支配されたくないのです。なんなら私の人生を支配されたくない。こっちがお餅を支配したいのです。

昨年の秋頃は、映像のお仕事が続き規則正しい生活とは程遠い生活をした結果、体重増量。もとに戻そうと冬のお稽古期間中、一日のカロリーを1500kcalくらいに抑えようと気を付けていましたが、1500kcalなんてあっという間なわけです。この先の人生、一日たったこれっぽっちしか食べていけないのか…と思ったら、寂しいったらない。でも、いつか美味しいものを食べるために、いま抑えておかねばならい…なんですか、このイタチごっこ。未来の私の幸福のために、現在の私が不幸じゃないですか。しかし、現在が幸福だったら、未来は不幸なのですものね。結果わかったことは、「お餅は若いうちにたくさん食べておけ」ということです。学校では教えてくれないことばかり、身に染みるお年頃です。

 

いけたにのぶえ/1971年生まれ、茨城県出身。俳優。幻の劇団「猫ニャー」出身。舞台を中心に活動中。

◎シアタービューフクオカvol.82掲載(2019.12発行)