舞台をはじめTVやCM等でも活躍中の竹井亮介さんのコラム!


vol.9
緊急事態宣言が発出されてからひと月ほど。いかがお過ごしでしょうか。北九州でも上演するはずだったカジャラも公演中止になってしまい、福岡が恋しいです。
さて、私は元来ダラダラしてしまうタイプなので、家の中で何もしないでいることがわりと平気です。しかし、外出自粛がいつまで続くかわからないとなると、さすがにこれではいけないと思うようになりました。さあ、何をしようか。私にはここ数年、ずっと気になっていることがあったんです。我が家には物が多すぎて、雑然としているということ。その汚さに時折「ウォーッ!」と発狂するくらいです。実家を手放すことにした際に、幼い頃からの思い出の品など、本来実家に置いてあるはずの物をすべて、東京の自宅へと運び込んだためにこうなってるという言い訳もできますが、絶対によろしくない状態です。時間はたっぷりあるし、いよいよこの「家が汚い問題」に着手することにしました。断捨離ってやつに、腰を据えて取り組む時が来たわけです。なんだか、運気も上がるとも聞きます。予定されていた仕事がなくなったり先延ばしになったりしてて運気が下がってる気もするので、ここは上げていきたいわけですよ、運気を!ようし、徹底的にやってやるぜ!
いちばん気になっていたのは、本棚。不要な本や雑誌が山のようにあるに違いない。そう思い、もはや全部処分するつもりで取り掛かりました。
まずは雑誌。何年も前のものがたくさん!処分や処分や!とノリノリの気分になったその瞬間、手に取った雑誌の表紙にある「永久保存版」という文字が目に入ってきたのです。「永久」ですと…?おいおい、何年か前の自分よ。それで取っておいたのかい?えー、そういうことなら、一応永久保存しとこっか?って気分になりますよね。そして次に手にした同じ出版社の雑誌。さっきのとほぼ同じ内容なのに、新たに永久保存と銘打ってるじゃないですか!前の永久保存の立場は?そんなに私に永久保存されたいのかい?「永遠(とわ)に愛して」とでも言いたいのかい?んん〜!もう君が女性だったらいいのに!と、こんな具合に軽く混乱して、あっという間に作業の手も止まってしまいました。レシピの類と、身体の鍛え方などの類が保存させがちなんですね。鍛え方などについては新しい理論が出てくるでしょうに、なぜ永久保存させたがるのでしょう?私はまんまと保存させられちゃいますよ!
そして、まだまだ断捨離の件については書きたいのに、もう字数が足りないよ!
あぁ、人生って難しいですね…。というわけで、次回につづく?

●たけい りょうすけ/早稲田大学在学中は、劇団「木霊」で活動。卒業後は様々な舞台を経験し、1999年、コントユニット親族代表を結成。ぽっちゃりとした見ためを活かした朗らかなキャラクターを演じると、場を和ませ、画面が一気にあたたか味を帯びる。その安定感は、各方面の監督からも信頼が厚い。
【TV】ETV「ボキャブライダー on TV」 【映画】東映まんがまつり「映画 おしりたんてい ~テントウムシいせきの なぞ~」

◎シアタービューフクオカvol.84(WEB版)掲載(2020.5発行)