舞台をはじめTVドラマ等でも活躍中の女優・池谷のぶえさんのコラム。本誌と併せてお楽しみください!

vol.12

そろそろ夏です。蒸しますね…「蒸す」って字面がもう、蒸しますね。下から火がくべられて、上から蒸気が出ているような字ですものね。
この季節、手のひらの上にシュウマイを置いて外を10分くらい歩けば、できあがるんじゃないでしょうかシュウマイ。もういっそ、夏とか呼ぶのやめて、飲茶(やむちゃ)って呼びましょうよ。春・飲茶・秋・冬…ちょっとあきらめもつきそうじゃないですか。シュウマイ蒸すためなら、この暑さも仕方ないかなって。
うん、つきませんね、あきらめなんて…こんなに暑いにもかかわらず、体調の悪さから最近自由にお酒が飲めていなかったせいか、飲酒の時間をこうした妄想にあててしまいます。
4月の下旬に軽い風邪をひき、医者に行き、治りかけ、ぶり返し、医者に行き、治りかけ、ぶり返し、医者に行く…を繰り返すこと約1ヶ月。これが噂に聞く、歳をとるとなかなか治らない…という、人生の先輩たちが口々に嘆くあの伝説の症状なのでしょうか。
いままで、風邪などひいても、せいぜい1週間くらいで治っていたものが、こんなにも治らない…そしてクライマックスのあたりでは、声までカッスカスになってしまい、もしこれが舞台の本番中だったら…と思うと、本当に恐怖です。どんどん、自分で自分がコントロールできなくなってきますね…まあ、それと同時に「しょうがないわねぇ…」と、あきれながら見守ってくれる観音菩薩な自分も生まれてくるからどっこいどっこいなのですが。
ということで、さらなる健康対策をはじめましたよ。昨年、友人からおすそ分けしてもらいとてもおいしかった、酵素シロップづくりに挑戦です。季節の果物(私は梅とレモンにしました)を細かく刻み、果物の重さの1.1倍量の白砂糖で漬け込みます。これを毎日1回、自分の手でかき混ぜることで、自分の身体に合う酵素が育まれるそうです。1週間~10日ほど経ったら、果物をガーゼなどで漉して液体を冷蔵庫で保存。水や炭酸で割って飲むのですが、これがめっぽう美味しい。酵素は、中性脂肪の分解にも役立つみたいですね。人間ドックを受けると、年々体重は減ってきているのに、中性脂肪は増える一方でなんとかせねばいかんと思っていたので、こんなおいしいものを摂取して健康になるなら、夢のようじゃないですか。
人間ドックといえば、あまりにセリフ覚えが悪いので、脳にどこか問題があるのではないかと、生まれて初めて脳ドックも受診しました。結果、外的な問題はまったくありませんでした…もう脳のせいにできない…ただ単に、ヤル気と能力がないだけだということが露呈してしまいました…。今年もつらい夏…いや、つらい飲茶になりそうです。

いけたにのぶえ/1971年生まれ、茨城県出身。俳優。幻の劇団「猫ニャー」出身。舞台を中心に活動中。

◎シアタービューフクオカvol.73掲載(2018.6発行)