舞台をはじめTVドラマ等でも活躍中の女優・池谷のぶえさんのコラム。本誌と併せてお楽しみください!

vol.8

秋ですね。クリ、リス。クリ、リス。クリ、リス…秋はこのしりとりをいくら繰り返しても、イラッとしなくてすむ、心地良い季節です。ビキニ、ニキビ。ビキニ、ニキビ。ビキニ、ニキビ…どうですか、夏はイラッとするでしょう。
しかし、この夏も暑さとの戦いでした。8月丸々、こまつ座「円生と志ん生」というお芝居のお稽古だったのですが、稽古場に行くまでに汗をかき、ウォーミングアップで汗をかき、お稽古着の浴衣で汗をかき、歌を歌えば汗をかき、踊りを踊れば汗をかき、汗をかいては家に帰り…もはや、汗谷なのか池谷なのか判別がつかない…そんな日々。あきらかに、摂取した水分量より、出ていく水分量の方が多い…私の足の裏は、地球の水分を吸い上げているのではないか? さもなくば、これが噂のホットフラッシュというものなのだろうか?早速買いました「命の母」。熟した女性たちの救世主「命の母」。しかし、効果が現れません…ホットフラッシュではなかったのだ…という安堵感と、じゃあどうすりゃいいんだ…という荒野感。結局、何の手立てもないまま汗に実権を握られ続けた夏でした。
しかし、そんなに発汗しているというのに、驚くほど体重が減らない。
例の、大豆プロテイン生活は続けているのですが、「犯人は大豆プロテインを飲んでいたらしい…」と、敏腕刑事の腕前をもってしても、絶対私が大豆プロテインを飲んでいるなんて気づかれないほどに、筋肉もつかない。そんな、停滞期を経て、ついに秋。
突然、汗も減り、体重も減りはじめたのです!クリ!!リス!!クリ!!リス!!やっぱり、秋は最高ですね! 汗もかかなければ、体重も減る、イラッとするしりとりだってへっちゃら!
さらに、こまつ座さんのお芝居では、10曲ほど歌を歌うのですが、歌うことってデトックスなのでしょうか、とても精神的に穏やかな日々だったのです。いままでお稽古&公演中は、何かしらシクシク涙してきたものですが、今回はそれが一度もなかった。快挙です。
これはもしや歌の力が大きいのではないでしょうか?
実際、歌唱前後の口膣機能とストレス具合を調べる調査で、歌唱後は歌唱前より唾液量が増加し、口膣機能が改善。ストレス度を示すホルモン「コルチゾール」というのも低下するそうです。腹式呼吸も必要になるので、呼吸法的にも良いのだとか。もう40過ぎたら、とにかく歌ってればいいんですね!何でも歌いながら考えればいいんですね!ヤバい奴だ…と思われるであろう、壮大なリスクを抱えながら…
ほら、やっぱり40代からは大変!! リスク!! クリ!! リス!!

いけたにのぶえ/1971年生まれ、茨城県出身。俳優。幻の劇団「猫ニャー」出身。舞台を中心に活動中。

◎シアタービューフクオカvol.69掲載(2017.10発行)