居場所を失くした子供たちが勇気を出して 踏み出す、人生という名のワンダーランド。
デヴィッド・ボウイの名曲「スペース・オディティ」にのせて奏でる、感動の物語。

“永遠に残る愛の名作”と称えられ、アカデミー賞6部門にノミネートされた『キャロル』から 2 年、全世界が熱望するトッド・ヘインズ監督の最新作が完成。アカデミー賞 5 部門に輝いた『ヒューゴの不思議な発明』の原作者ブライアン・セルズニックによるニューヨークタイムズ・ベストセラー小説をセルズニック自身が初の映画脚本に挑戦し映画化。
人種差別や同性愛など、現代に生きる私たちにとって重要な問題をテーマにしてきたヘインズ監督が今回描くのは、愛する人も居場所も失くした少年と少女が、初めてぶつかる人生の壁を懸命に乗り越えていく姿。舞台は、1927 年と 1977 年。各々の時代に、大切な人を探すためにニューヨークへと旅立った彼らは、不思議な運命に導かれてアメリカ自然史博物館に迷い込む。勇気を出して外の世界へと飛び出したふたりを待っていたのは、行く先々で次々と現れる “驚きと幸せの一撃=ワンダーストラック”だった──。

【STORY】
母親を亡くした少年ベンと、耳の聞こえない少女ローズ。
ベンはまだ見ぬ父に、ローズは憧れの女優にそれぞれの大切なひとに会うためにニューヨークへ旅立つ――
1977年、ミネソタ。母親を交通事故で失った少年ベン。父親とは一度も会ったことがなく、なぜか母は父のことを語ろうとはしなかった。ある嵐の夜、母の遺品の中から父の手掛かりを見つ けたベンは、落雷にあって耳が聞こえなくなりながらも、父を探すためひとりニューヨークへと向かう。1927年、ニュージャージー。生まれた時から耳が聞こえない少女ローズは、母親のいない 家庭で厳格な父親に育てられる。憧れの女優リリアンの記事を集めることで寂しさを癒していたローズは、リリアンに会うためひとりニューヨークへと旅立つ。新たな一歩を踏み出したふたりは、 謎の絆に引き寄せられていく。そして、大停電の夜、何かが起ころうとしていた――。

 

【 PRESENT 】

公開に先駆けてシアタービューフクオカの読者に『ワンダーストラック』オリジナルトートバッグを3名様にプレゼント。下記の必要事項をお書き添えの上ご応募ください!

★『ワンダーストラック』プレゼント応募要項 ★
下記、URLよりご応募ください。

【応募締切】4月14日(土)

●お問合せ先:シアタービューフクオカ info@tvf-web.com

※当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

ご応募はこちらから↓

https://goo.gl/forms/fTbvIFrvKxWZkOZW2

 

『ワンダーストラック』
4/6(金)KBCシネマ 他にて全国ロードショー

【監督】トッド・ヘインズ
【脚本・原作】ブライアン・セルズニック『WONDERSTRUCK』
【出演】オークス・フェグリー、ジュリアン・ムーア、ミシェル・ウィリアムズ、ミリセント・シモンズ

http://wonderstruck-movie.jp/

PHOTO : Mary Cybulski © 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC